タグ一覧

この記事に関連のある求人情報

Webエンジニアになるには

Webエンジニアになりたい、と一度でも考えたことのある人は少なくないと思います。しかしいざなろうとしてもどのような進路を選べばいいのか、どのようなキャリアを積めばいいのかわかりにくいのも事実です。また「僕は文系だから…」とあきらめた人もいるはずです。近年需要が高まっているWebエンジニアの仕事は、採用において今や理系・文系出身者の壁は薄くなってきています。さて、Webなるには具体的にどのような方法があるのでしょうか。

 

Webエンジニアの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

Webエンジニアになるには

新卒で採用

Webエンジニアになるには大きく2つの手段があります。
「新卒で採用されるのを目指す」と「他業界から転職する」です。

まずは新卒からなる方法ですが、一般的には大学の情報工学・通信工学といった理系学部やSEやプログラマー養成の専門学校を卒業するのが就職しやすい人のケースです。
専門学校では、Webエンジニアについての知識やスキルを包括的・体系的に学ぶことができるため、「絶対にWebエンジニアになりたい!」という明確な目標を持っている人には有効な選択肢といえるでしょう。
ただし研修制度の充実している会社も多くあるので、専門学校を出ているからと言って必ず就職できるわけではありません。
4年制大学の理系・文系学部の出身者で、在学中に専門的にプログラミングやシステム開発について学んだ経験がなくても、採用されて活躍している人はたくさんいます。
普段からC言語やHTML、CSSといった用語に対して興味・関心・知識を持っていることは、どんな経歴の新卒者にも共通して求められる資質です。

他業界からの転職(未経験)

他業界から転職する場合も、窓口は年々広がってきています。
転職サイトの増加やWeb業界全体の成長がその要因です。
ですので、他業界からの転職そのもののハードルは決して高くはないと言えるでしょう。

しかしいざ採用されても、未経験で何の知識もない状態では精神的に厳しくなります。
通学・通信講座や独学でWebの仕事について、事前に知識と経験を積んでおくことをおすすめします。
実践的な力が付かなくても、用語を知っているのといないのとでは、成長スピードがまったく異なります。
何よりも自分の心にゆとりを持つことができます。

もちろん、お金と時間に余裕がある人は、他業界を退職後に専門学校に入って学び直すことも可能です。
中には、卒業生に対して優先的に就職先を紹介している学校もあります。

「35歳限界説」とは?

Webエンジニアの業務のうち、システム開発におけるプログラミングを担当するプログラマーの世界では「35歳限界説」という説がささやかれています。
文字通り35歳になったらプログラマーとして仕事が続けられなくなる、という意味合いなのですが、その理由は以下の5つが要因だと言われます。

2や4については他の業種でもありうることですが、1と3はプログラマーの仕事として特に負担が大きい要素です。
納期に追われたり、完璧だと思っていた作業の途中でバグが生じて作り直したり、社内にこもりがちなのでファストフードが多くなったり、など精神衛生上決していいとは言えない環境がどうしても存在します。

これらの要素からも、SEやプログラマーといったWebエンジニアになりたい人は、なってからの自己管理もしっかりと考えておく必要があります。
体力維持のために運動を始める、自分なりのストレス解消の方法を見つける、禁煙する、バランスのいい食生活を心がける、といったことを実践し長く活躍できるWebエンジニアを目指したいものです。

Webエンジニアの仕事とは
Webエンジニアの年収とは
Webエンジニアになるには

 

Webエンジニアの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様