タグ一覧

マーケターになるには

世の中にたくさんの企業が存在しているのと同じで、マーケティング業務携わるマーケターもたくさんいます。しかし実質その中で優秀なマーケターと言われているのは、そう多くはないでしょう。もしかすると一社に1人の割合すらないかもしれません。ここでは「マーケターになるにはどうしたらいいのか」について述べるとともに、“優れた”マーケターになるために必要な能力も3つ紹介します。

 

マーケティング職の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

マーケターになるには

マーケターとは「マーケティングの専門知識を活かして、市場調査や分析を行うことで自社の商品やサービスの販売をプロモートし、会社に利益をもたらすことができる人材」のことです。
つまり、新卒や転職での入社や人事異動などでマーケティング部門に配属されたからと言って、その人がいきなりマーケターとしての活躍ができるかというとそうではありません。
単に、マーケティング担当になること=マーケター、だとすれば誰でもマーケターを名乗ることができます。

ではマーケターとしてふさわしい人材になるためには、どのような取り組みから始めるべきなのでしょうか。
マーケティング担当になってまず初めに取り組まなければならないことは、「自分が働く会社について理解すること」です。
どれだけ優秀な分析力を持ち、クリエイティブな発想力を持っていても、自分の会社の商品やサービスの意味や方向性が理解できていなければそれらのスキルもフルに生かすことができません。

またこの会社にはどんな業務があり、誰と連携して仕事を進めていくのかも把握することが大切です。
マーケターとして行うべき業務がなにで、どのように取り組めばより合理的・効率的かを理解することにつながります。

優れたマーケターになるために必要な3つの能力

初めのステップ取り組んだことが身に付けば、マーケターとして社外の調査・分析が始めることができます。
優秀なマーケターになるために身に付けるべきスキルは3つです。

常に時代の流れを捉える

マーケティングの仕事においては、常にトレンドを把握し消費者の求めるニーズを捉えられるスキルが何より重要です。
Webサイトや統計手法を活用した調査や分析から具体的な数字としてデータを出していきますが、それだけで商品の開発や販売の促進が成功するならばコンピュータでも可能です。

日本経済、業界全体の動向を自らが把握し、それらの調査・分析結果と結びつけながら課題を解決していくのが優秀なマーケターです。

アイデアを生み出せる環境を作る

優秀なマーケターは自分の創造性を高めるための術を知っています。
書籍を大量に読む、実際に街へ出て調査する、デスクに余計なものは置かない、価値観の異なる人と話すなど人によって手段は違うと思います。

アイデアが行き詰った時や戦略が大きく揺らいだときなどに、どれだけ新しいことを思いつき柔軟に対応できるかというスキルを持っていることは、優秀なマーケターになるには必須の条件です。
特に商品・サービスの移り変わりが早い現代においては、これらはとても求められている力です。

人とのつながりを大事にする

ひとりの人間の力には限界があります。
体力的な面でもそうですが、考えつくアイデアや持てる価値観・知識といった内面の力やスキルは特にです。
その限界を補ってくれるのが自分以外の周囲の人々です。

同じマーケティング部門でのプロジェクトチームはもちろん、他部署の人、顧客など関連する人たちと関りながら横幅の広いネットワークを築くことで、常に自分の脳をリフレッシュさせながら仕事に取り組むことができます。

確かに、他者に比べて群を抜くようなマーケティングに関わる専門的な知識も優秀なマーケターには必要ですが、他人からの多様な意見や価値観を集約しながら戦略を立案できる(しようとする)資質は何より大切と言えます。

 

マーケティング職の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様