タグ一覧

営業企画になるには

「営業企画」という職名で人材を募集している会社は多くはありません。ですので、「営業企画に就きたい!」と強く思っている人でもなかなかそのチャンスがないのが現状です。ただ、職名が異なるだけで営業企画が手がける業務と同じようなことをしている部門もいくつかあります。たとえば、営業、マーケティング、広報、販促企画、といったところです。会社によってはこれらの部門でも、営業をサポートする営業企画の業務を担っている場合があります。ここでは「営業企画になるには」というテーマでそのための流れを説明しますが、上記に挙げたような「営業企画に近い職種」に就くためのステップとしても参考にしてください。

 

営業企画の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

「営業企画」がある会社に入る

まずは営業企画が存在する会社を見つけなければ始まりません。
ただ繰り返しますが、営業企画的な仕事をマーケティングや販売企画として募集している会社もあります。

営業企画が行う仕事は以下のような業務です。

職名が異なっていても、業務内容がこれらに該当する職種ならば営業企画として自分が理想とする業務ができる可能性があるということです。
説明会や面接といった場があれば、事前に詳しく聞くようにしましょう。

営業スキルを磨く

転職や異動で営業企画に入りたいと考えている人は、まずは自身の営業経験を積むことから始めなければなりません。
営業担当に戦略的なアドバイスをしたり、専門的な相談を受けたりしながら業務を進めていくので、相当の知識やスキルがなければ務まらないからです。

また大卒の新入社員でもはじめから営業企画として採用されることは少ないようです。
入社していきなり「○○さんの営業戦術の改善点はどこか?」という仕事に関わっても当然対処できるはずがありません。
研修や育成の制度・期間が十分に用意されている場合もありますが、基本的には営業が成果を出せるようなサポートができる即戦力となる人材が求められる職種なのです。

その他、培ったスキルを活かす

顧客・市場調査、分析、販促、企画といったマーケティング業務や、営業の戦略立案、サポートといったコンサルティング業務といった様々なスキルが必要な営業企画の仕事。
裏を返せば、営業以外の部門で働いていた人にとっても活かせるスキルは十分にあるということです。

そうした自身の経験に加えて、資格も有利に働く場合があります。
たとえば、マーケティング・ビジネス実務検定、販売士1級、基本情報技術者、解析士といった資格は専門的な知識があることの1つの証明となります。
もともと海外との取引が多い会社であったり、これからグローバル化を進めていこうとしている会社であったりする場合はTOEICやTOEFLなども評価される場合があります。
英語系の資格は、汎用性も高く自身のポテンシャルを形で提示できるので有効です。

人脈を大切にする

上司や同僚、他部署との人間関係は広く持っておいた方がいいでしょう。
特に営業関連の部門との人脈は大切です。
今はまったく関係のない部門で働いているとしても、普段から営業に積極的に具体的なアドバイスをしたり、仲の良い営業関連の上司に戦略への疑問や営業部個人への課題について提案したりという姿勢を見せることで「こいつはサポートに向いているかもな。
」と意識させるきっかけになるはずです。
人事異動の際に、希望を出せる場合は希望を出し、その普段からの積極的な姿勢と実力が認められれば営業企画(もしくは関連する職種)で働ける可能性がグッと高くなるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
社会人としての総合的な力が求められる営業企画。
ここでの説明を参考にしながら、なるために自分に足りない要素 を着実に補い行動していきましょう。

 

営業企画の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様