タグ一覧

庶務の年収とは

庶務の年収はどのくらいなのでしょうか。庶務として行う業務は実に多岐にわたりますが、そのほとんどが事務的なものです。また、「一般事務」という職種と業務の性質が似ている面もあるため、両者は年収の傾向や男女比率などに関して重なる部分が多いのが特徴です。たとえば会社によっては、庶務の業務が含まれる仕事でも一般事務として求人を募集しているところもあります。ここではそうした庶務という職種の特徴も踏まえて、庶務の年代別の平均的な額や年収をアップさせる方法などを見てきます。

 

庶務の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

年代別 庶務の年収

庶務の仕事は、伝票や契約書など各種書類の手続きと整理、電話・来客対応、職場内の備品・環境管理など様々です。
成果主義・実力主義が適用される職種ではないので、経験(勤続年数)や会社の規模などが年収の多寡を左右する大きな要素となります。

また女性よりも男性の方が年収の平均が高いのですが、これは女性には結婚や出産で早期に退社する人が多いことや、アルバイトやパートといった雇用形態で働いている人が多いことが主な理由です。

20代

勤続年数が浅い20代のうちは、250~350万円が目安です。

庶務は会社の事務の何でも屋さんというポジションなので、会社によっては給与や社会保険の計算と手続き、営業事務といった業務もこなす場合があります。
ただ、こなす業務が多いからといって年収が増えるわけではありません。
むしろ業務を兼務しなければならないという会社は、人材不足で人が雇えない状態なので、会社の規模も決して大きくない(つまり給与や賞与は高い方ではない)ということになります。

30代

経験を積み、日々の業務が問題なくこなせる立場になる30代の年収は、300~500万円が目安です。
この頃になると、「どの会社で働いているか」によって給与に差が出てきます。
優良・大手と言われている会社と零細・中小と言われる会社では、賞与も含めると100~200万円の差があるケースも珍しくはありません。

40代

40代まで庶務や事務の仕事を続けている人は、キャリアとしても実力としてもかなり質が高く、会社にとっても必要な人材となっているはずです。
年収は、400~650万円が目安でしょう。
ただ、部長や課長といった役職に就いているかどうかによって差が大きくなります。
役職が就いて、庶務・事務のエキスパートとして活躍したりしている人であれば、700万円以上稼いでいる人も少なからずいます。

年収をアップさせるには

庶務として働きながら、勤続年数以外の面から年収をアップさせるアプローチは大きく2つあります。

事務系の仕事に限らず、会社の規模が大きいほど給与や賞与は高い傾向にあります。
転職によってキャリアを挙げることで年収アップにつなげることが可能です。
充実した福利厚生制度があればなおさらそのメリットにつながるでしょう。

ただし、大きな企業では人材が豊富で業務が細分化されているため、中小企業よりも、一人ひとりの業務はより専門的で高度な知識が求められることになりやすいと言えます。
会社によっては、資格を取ることによって給料に手当がプラスされるところもあります。

日商簿記やパソコンスキルといった事務で必要となる資格とともに、その会社の業種に合わせた資格を取得すると自分の仕事にも生かすことができ、一石二鳥です。
金融系なら証券外務員やファイナンシャルプランナー、法律系なら社保労使や宅建、といったものです。

まとめ

紹介してきたように、庶務の仕事は様々ある職種全体の中では低い方ですが、基本的なスキルや知識、流れを身に付けていればどんな会社でも働き口を見つけやすいという汎用性があります。

庶務や事務として働いている人の中で今の年収に不満がある人は、着実にスキルを磨きながら定期的に求人サイトなどをチェックするといいでしょう。
時期を問わず常時たくさんの求人が掲載されており、給与や福利厚生の条件が充実している会社も少なくありません。

 

 

庶務の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様