タグ一覧

スタイリストの仕事とは

スタイリストの仕事にはどんなイメージがありますか。おそらく多くの人が「華やか」「クール」といったスマートな印象を持っていると思います。確かにそうした面もありますが、スタイリストとして働いている人たちの多くは、その外見よりも非常にシビアな現場にいます。スタイリストの仕事について、詳しくお伝えします。

 

スタイリストの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

スタイリストの仕事内容

スタイリストとは、モデルや俳優・女優、アーティストなどに着せる服やアクセサリーをコーディネートする仕事です。
私たちが普段テレビドラマやCM、雑誌、カタログなどで目にする人のほとんどの衣装はスタイリストが選んだものです。

その人物の魅力を服やアクセサリーでいかに引き出すかというセンスが問われる仕事なので、ファッションやトレンドに関する深く幅広い知識が要求されます。
また、衣装を選んで着させれば終わりではありません。

撮影現場に同行し、撮影中に汚れやヨレなどがないかを随時チェックしたり、他のスタッフやモデルらと打ち合わせをしながら進めたりといったことも、スタイリストの大切な仕事です。

雑誌のモデル撮影やテレビの現場などでは、撮影の企画やテーマが突然変更になったり、モデルや俳優の要求がその場で変わったりすることが多くあるので、臨機応変に対応する必要があります。

2つの働き方

事務所に入る

タイリストを目指す人のほとんどは、スタイリストの専門学校やアパレル・広告関係などの仕事を経ています。
こうした場で経験を積んだ後は、ほとんどの人がスタイリスト事務所へ所属します。

しかし、いきなりプロのスタイリストから始められるわけではなく、まずは一人前になるためにアシスタントからスタートします。

アシスタントとしては、プロのスタイリストが指示した仕事をこなしたり、撮影現場に同行して仕事の流れを覚えたり、毎日の仕事の中でセンスを磨いたりします。

現場にはスタイリスト以外にも、テレビ、雑誌、メイクなどのスタッフやモデルや俳優といった様々な人がいます。
こうした人たちと、アシスタントのうちに人脈を作っておくことも大事な仕事内容のうちの1つです。

フリーランスとして独立する

アシスタントとして現場経験を積み、スタイリストとしての実力をつけたあとは、フリーランスとして独立する人も多くいます。

仕事内容自体は独立前と大きく変わりませんが、媒体や企画などに沿って自分でコーディネートを決められる裁量が大きくなることは、強いやりがいを感じられるでしょう。

もちろんその分、スタイリストとしての高いファッションセンスやコミュニケーション力などが今まで以上に問われることになります。

スタイリストをはじめ、ネイリストやヘアアーティスト、メイクアップアーティストといった人たちはフリーランスとして活躍している人がたくさんいます。
これらの業界は高い技術を身につけられれば、モデルや女優の「専属」として活躍できる場もあります。

1日の流れ

1日の仕事の大まかな流れは以下のような感じです。

テレビドラマや雑誌などの撮影は長時間に及ぶことがほとんどですので、仕事が終わって帰宅したころには深夜を回っていることも珍しくはありません。

まとめ

スタイリストは、アシスタントとして長年の下積み時代を経験したり、長時間に及ぶ現場でも集中力を切らさずに働く必要があったりと、とても苛酷な仕事です。
さらに、プロや独立して活躍するためには、センスだけでなく、強い体力と精神力も必要なことを知っておきましょう。

 

スタイリストの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様