タグ一覧

スタイリストになるには

モデルや女優の美しさを、より引き立てるスタイリストという職業。最近はスタイリスト自身がメディアに出ることも多いため、「私もスタイリストになりたい!」とあこがれを持つ人は増えたのではないでしょうか。しかし、営業や事務といった一般的な職業とは業界が違うので、実際になる方法を知らない人は多いと思います。そんな人のために、スタイリストになる方法を、大きく2つのパターン分けてお伝えします。

パターン1.専門学校を卒業し事務所に入ってスタイリストになる

スタイリストになるためのもっともベーシックな方法です。

高校卒業後、スタイリストを養成する専門学校やその学科がある学校に入学し、就職先としてスタイリスト事務所に入ります。

ただし、必ずしも専門学校卒業を必須条件としている事務所ばかりではないので、一般的な大学や短大、スタイリスト関係以外の専門学校を卒業した人でも採用される可能性はあります。

スタイリストの専門学校では、服飾やメイクに関する技術や知識、業界の専門用語、現場の見学といったスタイリストになった時に活かせる勉強や経験ができます。
そのため、就職したときに有利であることは間違いありません。

また専門学校の講師は業界の第一線で活躍している人も多いため、実力や熱意が講師に認められれば、今後の自分のスタイリスト人生に大きなプラスになることもあるでしょう。

事務所に入ることができても、すぐにスタイリストとして活躍できるわけではありません。
2~3年はプロスタイリストのアシスタントとして、修業期間があります。
衣装のケアや準備を手伝う、撮影中の雑務をこなす、関係者との連絡調整をする、など様々です。

アシスタント業務はこなすことが多く、勤務時間も長くなる日が多いため非常に体力や忍耐力が求められる仕事です。
しかし、そこで得る技術や人脈は自分がスタイリストになった時に直結して活かせるものです。

パターン2.フリーでスタイリストになる

スタイリストとして第一線で活躍している人の中には、どこの事務所にも属さずに、フリーランスとして活動している人もたくさんいます。
フリーで活動する場合、相当する実力や実績があるか、業界で幅広い人脈があるか、モデルや女優の専属として長く働ける機会をもらえたか、など一定の条件がなければ仕事をもらうのは難しいでしょう。

今第一線で活躍しているフリーのスタイリストのほとんども、アシスタントを数年経験して、これらの条件のいずれかを満たせるようになった時に独立するようです。

また「アシスタントからフリーで活動したい!」という人もいるでしょう。
その場合は、自分からメールや電話で直接連絡をしたり、求人広告から探したりする必要があります。

ただ、やはりフリーのスタイリストのアシスタントの窓口は非常に狭いです。
その分、有名なスタイリストのアシスタントとして働く機会が得られれば、「○○さんの弟子」として、仕事をしながら周囲に自分の顔と名前も売り込めるというメリットもあります。

近年では、SNSやブログ、クラウドソーシングサービスなどを使って自分をアピールできる場が増えてきました。
こうしたツールから仕事をもらい、少しずつ実績を重ねていく方法もあります。

まとめ

スタイリストになるには、「事務所に所属するか」、「フリーの道を見つけるか」の2通りあることがお分かりいただけたかと思います。
いずれを選ぶにしても、スタイリストとして活躍し、生計を立てていくことは簡単なことではありません。

選択肢としては、アパレル関係の会社に入ってデザインを担当したり、販売員としていろんなお客さんのスタイリングをしたりといった道もあります。

自分にはどの道が最適なのかを考えて、ファッションやコーディネートの仕事を最大限に楽しめる道を選びましょう。

 

スタイリストの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様