タグ一覧

営業アシスタントになるには

営業アシスタントとは、営業マンにとっての縁の下の力持ちのような存在です。営業は毎日大量の異なる業務をこなさなければなりませんが、その業務の一部を営業アシスタントがサポートします。ドラマや漫画などで営業アシスタントの仕事を見て「私もなりたい!」と感じた人は多いのではないでしょうか?そんな人のために、営業アシスタントになるために知っておくべきポイントをお伝えします。

営業アシスタントの求人数は多い?少ない?

営業アシスタントの求人は、ずばり「多い」と言えます。
営業部門という職種があれば、営業アシスタントの業務は必然的に必要になってくるからです。

ただし、営業や事務といった職種に比べると、求人の数自体は少し劣ります。
なぜなら、営業のサポート業務に特化した営業アシスタントを置くことができるのは、会社の規模がそれなりに大きく予算や人員に余裕があったり、事務処理の多くを外部に委託していたりする環境である必要があるためです。

そうでない会社は、営業が自分で処理する形になっていたり、一般事務員に営業アシスタントの業務を兼務させていたりする場合が多いようです。

雇用形態はさまざま

営業アシスタントの雇用形態は、アルバイト、パート、派遣、契約社員、正社員など実に様々です。
このように選択肢が多いことは、次のようなメリットがあります。

アルバイトやパートとしての窓口があるということは、営業未経験の主婦や学生にも営業アシスタントとして働くチャンスがあるということです。
また「将来的に営業として働きたいけど、いきなり正社員として働くのは不安」という想いを持っている人にとっても、営業の実務を習得できる良い環境と言えるでしょう。

さらに近年は、事務系の職種を中心に、シフト制度や時短勤務といった雇用形態の柔軟化の動きが広がっています。
営業アシスタントに関しては、正社員や契約社員ではその選択肢はまだまだ少ないのが現状ですが、アルバイトやパートであればそういった形で募集しているところも増えてきているようです。

ライフスタイルに合わせて、希望する勤務時間や曜日で働きたい人にとっては、嬉しい動きと言えます。

特別なスキルは必要なし

経理であれば簿記や会計の資格、営業であれば3年以上の実務経験など、通常、再就職や転職の際は求められるスキルがいくつかあります。
しかし、営業アシスタントの場合は雇用形態が豊富なことからも、特別なスキルや経験が求められることは少ないようです。

即戦力となる人材を募集している場合は別ですが、「未経験者歓迎」や「基本的なパソコンスキルがあれば可」といった条件で募集している会社も多いです。
ただし、先ほど例に出したような、営業や事務に関わるスキルや経験を持っている人ほど、当然採用される確率が高くなります。

会社によって業務の幅が違う

営業アシスタントの仕事は営業のサポート業務です。
資料や報告書、見積書などの作成、伝票の手続き、電話・メール対応といった事務的な業務から、営業に同行し、直接顧客に会って交渉に参加するといったアクティブな業務もあります。

ただ、会社によってどの業務が任されるかは異なります。
事務的な業務は任されることが多いですが、営業に同行して外に出るような業務は任されていない会社も多いようです。

営業アシスタントになりたいと考えている人は、自分がやりたい仕事ができるように、面接などの場で事前に確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これら4つのポイントをしっかりと押さえていれば、どんな人にも、営業アシスタントとして活躍できる道が開けるはずです。

 

営業アシスタントの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様