タグ一覧

採用代行のメリット・デメリット

人材採用の代行業には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。メリットとしては基本的に採用に関してその道のプロがすべての業務を代行するということになるので、安心して任せることができるでしょう。そして、デメリットはやはりコスト面と言えるでしょう。

企業が人材を求めるときには、できるだけ優秀な人材を捜そうとします。
人手不足の状況が続いている中で、このように優秀な人材を採用し、即戦力となってもらいたいという思いも強くなり、厳選した採用が主流となっているようです。

したがって採用そのものの形態も変化してきています。
情報社会の中で積極的に人材の採用を行いたいと考えていても、その知識がないということでなかなか成功しないと言うこともあります。
このような流れの中で採用のアウトソーシング会社に対する需要が高まってきています。

これはどのようなものかというと、採用代行システムというもので、ここでは基本的に採用に関するあらゆることを行ってくれるようになっています。

最初に行われるのが採用計画を立てると言うことですが、企業にとってどのような人材が必要なのか、またどのくらい必要なのかというような計画を立てて提案してくれるようになっています。

その次に、優秀な人材を選ぶためにはどのような審査の方法で採用まですすめていくのかと言うことも決められるのです。
また内定者に対しても働きかけをしてくれます。

このように雇いたい人に対してもさまざまな方法を使って確保に乗り出してくれるのです。

ここできちんと抑えておきたいのは、やはりメリットとデメリットでしょう。

メリットとしては基本的に採用に関してその道のプロがすべての業務を代行するということになるので、安心して任せることができるでしょう。
そして企業にとっては採用に関しての知識が不要ということになるので、その分の時間などを削減することができます。

これに対してデメリットですが、たとえば採用人数が数人という場合には、アウトソーシングの人件費に関しては変わることがないので、その分費用が割高になってしまいます。

また採用に関しての業務をすべて任せることになるので、雇用される側としては企業で実際に働いている人の姿を見ることができないと言うことになります。

このように採用に関しての方法は新たなサービスが出てくるなどで複雑化しています。
採用代行サービスを利用するという方法も頭に入れつつ、直接人材を見極めると言うことも合わせて検討すると言うことが大切です。

 

採用ご担当者さまへ

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様