転職も仕事の悩みも Roots & Vision



タグ一覧

海外の留学経験で掴んだ日本を変える仕事

留学後の仕事は大手人材サービス企業でキャリアコンサルタントという職種を選択した橋野さん。その後、日本を変える可能性を秘めた仕事に出会いキャリアチェンジしたのか。留学経験を活かした職種で日本を変えるという夢に出会うまでのお話しを伺いました。

 

営業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

自立心旺盛な子どもで、早く海外に行きたいと思っていた

早くに両親が離婚し、小さい頃から家ではほとんど一人でした。
自分で物事を考え、決めることが当たり前になっていたので、同年代の子に比べて自立心が芽生えるのは早かった方ではないでしょうか。

中学に進むまで勉強は嫌いでしたが、その頃一番仲が良かった友達がすごく頭がいい子で、彼女の影響で真面目に勉強に取り組むようになりました。
徐々にテストの点数を稼ぐコツが身に付いてきて、それほど勉強しなくても成績は上位をキープできるようになりました。
要領がいい子どもだったと思います(笑)。

推薦入学で高校に進んでからは部活のバドミントンに熱中しました。
決して強豪校ではなかったのですが、「試合で勝つ」という目標に向かい、かけがえのない仲間と全力で練習した経験は今でも忘れません。
一つのことをやり続ける力を授かった気がします。

もう一つ高校時代に夢中だったのがハリウッド映画です。
もともと英語が好きだったのもありますが、映像に漂うアメリカ文化の匂いにすごく惹かれました。
大学に進んで絶対にアメリカで留学経験をしたいと思っていました。

高校3年のある日、アメリカに交換留学した友人が日本に戻ってきたとの連絡が入りました。
「自分もいずれ留学したいと思っている」と話すと、「それなら1日でも早く行くべき 留学経験は早いほうがいい」と言われました。
力いっぱい背中を押された気がしましたね。

翌日、担任の先生を訪ね「初めからアメリカの大学へ行きたいと思います」と相談しました。
しかし担任は猛反対。
まずは日本の大学で基礎を学んでから行ったほうがいいと言われました。
「基礎って何?」と、当時の私は非常に違和感を覚えました。
日本の大学教育が私の人生において大きなメリットを与えてくれるイメージが持てず、先生の言葉には従わずに卒業後のアメリカ行きを決断しました。

日本を離れたからこそ見えたニッポンの良さ

留学を決めてから1年間アルバイトをしながら準備を進め、8月よりカリフォルニアのコミュニティカレッジに進学しました。
コミュニティカレッジは日本で言う短大のような位置付けにあり、色々な地域から幅広い年齢層の人々が学びに来ていました。

卒業後は四年制大学への編入も可能であり、私もそれを目指しました。
英語力にはそれなりの自信を持っていました。
ネイティブたちとの日常のコミュニケーションは問題なくできていましたし、講義でも難しい専門用語以外はすべて理解することができました。

しかし、講義でのグループディスカッションだけは苦手でした。
ディベートで相手を論破する力は私にはなかったということです。
2年生になり、私は外国人の友人を増やすことを意識しました。
日本人留学生との繋がりから輪を広げるのではなく、自分からアプローチして外国人と友達になることを心がけました。
日本人以外の友人たちとより深い交流ができるようになると、アメリカ文化の本質が徐々に理解できるようになりました。

渡米する前は日本という国があまり好きではありませんでした。
しかし遠く日本を離れて留学経験をすることで、日本の良さがはっきりと見えてきました。

一つは日本人の勤勉さとか責任感というものです。
アメリカでは口約束はまず守られません。
どれだけ念押ししようとも簡単に約束は破られます。
アメリカ人が契約書を重んじる所以ですね。

もう一つは日本人の時間を守るという概念です。
アメリカの寛容さと言えなくもありませんが、時間を守れないのは何かが欠落しているのではないかと思えるほどです。
異なる二つの国の文化を肌で感じ、その違いについてじっくりと咀嚼することができたのは留学経験での大きな成果であったと感じています。

留学経験で学んだ世の中に対し自らアウトプットする生き方

留学する以前からずっと四年制大学への編入を目指していたのですが、経済的理由により断念せざるを得なくなりました。
様々な葛藤はありましたが、人生の転換期を迎えたのだと気持ちを切り変えました。

学生として自分に対しインプットしていく生き方から、社会人として世の中に対し何かをアウトプットしていく生き方へ変わろうと。
卒業1年前の最後の夏休みに、日本に帰国し就職活動を開始しました。

日本に戻った理由は、留学経験を経てアメリカ企業より日本企業のほうが人材を育てる風土が根付いており、勤勉な人材と共にしっかり働くことができると思ったからです。
帰国したのが8月で、新卒就職戦線はすでに終盤戦を迎えています。
多少の焦りはありましたね(笑) 。

とりあえず100社ほどの企業が参画する就職フォーラムに参加しました。
企業選びで私が重視したのは、「企業理念に共感できること」「人に尽くす仕事ができること」の2つです。
就職フォーラム参加をきっかけに2社から内定を頂きました。
最終的に選んだのは人材サービス大手のインテリジェンスです。
7月という遅い時期からの活動開始であったにも関わらず、私の理想に合致する企業に出会えたことはとても幸運でした。

翌年6月、インテリジェンスに入社。
キャリアコンサルタントとして、転職志望者と企業との出会いをサポートする仕事に就きました。

私の仕事で日本を変える 留学経験を活かせる仕事

インテリジェンスでの仕事は刺激に満ちていました。
成長志向の高い優秀な人たちが集まっていて、社員同士でお互いを高め合う風土がしっかりと根付いていたと思います。

転職に関する悩みを持つ登録者の方に対し、プロとしてサポートをしていくことに誇りを持っていました。
人の人生に寄り添うという重要な役割を担うことで、自分の存在を実感できるという大きな喜びを感じました。

入社3年目を迎え、自分のキャリアについて考えるようになりました。
このまま経営幹部を目指すのか?それとも新たなキャリアを構築するのか?この大企業の中で競争を勝ち抜いて幹部になるというイメージはどう考えても浮かばず、また、生涯キャリアコンサルタントとして生きていこうとも思えませんでした。

そんな時、外資系教育事業の会社に転職された先輩から「一度うちの会社を見に来ないか」とのお誘いをいただきました。
それが現在の勤務先イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンとの出会いです。

当時転職する気持ちはまだ固まっていませんでしたが、社長に会わせていただいたことで一気に転職に気持ちが傾きました。
外資系ということもあり、社員一人ひとりの裁量の幅が広いこと。
そして、留学経験や、インテリジェンスで培ったBtoCビジネスのスキルがフルに活かせること。
私の次のキャリアはこれだと思いました。

転職後、高校生を対象とした交換留学プログラムの営業を担当しました。
業務の領域は多彩で、広告戦略のプランニング、広報ツールの企画、営業戦略の構築とあらゆることを任せてもらいました。

また管理職を通してひとつの事業を成長させる視点やマネジメントの仕事もとても勉強になりました。
何より、送り出した生徒たちが一回り大きくなって日本に帰ってくる姿を見た時、この仕事を選んでよかったなって思いました。
留学経験を経て成長を実感した自分自身を重ね合わせたことも多かったですね。

そして昨年より新しい事業の立ち上げに参加しています。
法人を対象とした、海外研修を活用しての新しい幹部育成教育及び組織のグローバル化を支える事業で、まさに私自身の留学経験を生かせる仕事です。

立ち上げから6ヶ月でようやくカタチになってきたところでしょうか。
ヒューマンリソースという企業経営の根幹にアプローチしていく事業ですが、いま大きな課題が見えています。
それは「グローバル化への対応」という企業経営に突きつけられたテーマに対し、多くの企業が遅れを取っているということです。

その要因は経営の意思が人事に下りていないことにあります。
経営が考える人材のグローバル化と人事サイドが考えるそれが一致していないのです。
いま私がやるべきはその部分の根本的解決だと感じています。
コミュニケーションを通じて企業のイノベーションを起こすこと。
それが留学経験とこれまでの仕事経験を経てたどり着いた私のテーマであり、そこから私のNEXTが始まると考えています。

 

営業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

プロフィール

橋野 恵

橋野 恵

(29)

経歴:

コミュニティカレッジ卒業後株式会社インテリジェンスに入社

キャリアコンサルタントとして、幅広い業種の転職サポートに従事

その後世界的大手の語学教育機関であるイーエフエデュケーションファーストジャパンに参画

高校生への留学斡旋を経て、企業のグローバル化を促進するプログラム提案を担当

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP