タグ一覧

仕事を退職しようとする人への3つのアドバイス

日本はますます転職や起業、フリーでの活動などのために仕事を退職する人が増えてきています。そんな退職を考えている方にとってのアドバイスを、3つご紹介したいと思います。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

「新卒で入社した会社に生涯骨を埋める!」今やそんな気持ちを持った人は、むしろ少数派なのではないでしょうか。
退職し、自分のやりたい仕事をしたい、もっと成長できる環境に身を置きたい、という人は増えているようです。
しかし、一口に退職すると言っても、今日上司に報告して明日辞められる、というわけではありませんよね。
また、退職後の生活費や収入に関してもしっかりと計画することが必要です。
では、具体的に退職することを決意したら、どのように準備・計画していけばいいのでしょうか。

転職サイトや求人などをフル活用する

退職する理由は人によって様々です。
体調不良、転職、起業など…。
退職を会社に報告する前段階として必要な行動が、「次はどこで働くか」のめぼしを付けておくことです。
すでに、転職先ややりたいことが決まっている人は問題ありませんが、そうでない人は、無計画にただ会社を辞めてしまうと、いつまでも仕事が決まらなかったり、収入がまったくなかったり、と非常に辛い思いをすることになりかねません。
インターネットでは転職サイトが豊富にありますし、そこに自分の情報を登録しておくだけでも“オファー”という形で採用のチャンスが与えられる仕組みもあります。
また、ハローワークやその他求人票も活用して、自分に合った仕事を見つけるための情報収集を転職サイトへの登録と共に並行して行うことが大切です。

退職することを“いつ”伝えればいいか

退職することを決意したなら、退職する旨を会社に伝えなければなりません。
そこで、「退職したいという報告は何か月前からすればいいの?」、「常識的な範囲はいつまでなの?」という疑問を持つ人も多いと思います。
ずばり、その報告は“早ければ早いほどいい”というのが結論です。
インターネットなどでは、2~3か月前が常識的範囲、という情報を頻繁に目にしますが、これはむしろ遅いくらいと言ってもいいでしょう。
退職が決まっていれば、半年前でも1年前でも構いませんので、すぐに報告するようにしましょう。
なぜなら、後任への引継ぎの問題や人事や労務など関連部署への報告、営業であれば取引先との関係など、退職することで影響を及ぼす場所が様々あるためです。
トラブルなくスムーズに退職できるためには、可能な限り退職の報告は早く段取りすることが求められます。

保険や年金のことを知っておく

退職してからすぐに次の職に就く人にはあまり関係しないことですが、次の仕事までに期間が開く人やフリーで活動しようと考えている人は、退職後、健康保険や年金を自分で支払っていく必要があります。
これまでは、会社からの給料から会社が自動的に月々支払っていたものを、“国民健康保険”、“国民年金”に切り替える手続きを役所で済ませなければなりません。
この手続きを放置すると、支払いの督促状が送られてくるだけでなく、“未納”として財産の差し押さえがされたり、将来の老齢年金が減額・消滅してしまったりすることになりますので、要注意です。
「保険や年金どころか生活費すらままなない!」という危機に瀕している人は、保険や年金の支払いが猶予される仕組み(一定期間未納扱いにならない)や“失業保険”などの補助的な仕組みもありますので、役所やハローワークなどに相談して活用することをお勧めします。
いかがでしたか?退職するためには、相当のリスクやクリアしなければならない問題がたくさんあることがお分かりいただけたかと思います。
しかし、本人の強い気持ち次第ではこれらの問題は特に大きな壁ではないかもしれません。
退職を考えている方がこれらのアドバイスを実践されて、円満な退職ができるように心から願っています。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様