タグ一覧

仕事中に泣くのをやめたい女性に贈る4つのアドバイス

仕事で怒られたときに泣く女性は、困ったことに泣きたくないのに泣いてしまう人が大半です。仕事中に泣くのをやめたい女性に、4つのアドバイスがあります。仕事で泣くことに悩む女性の参考になれば幸いです。

 

女性が活躍している企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

怒られて泣いてしまうのは怒られ慣れていないから

怒られた経験がほとんどない人は、怒られたときにどう受け止めて消化すればいいのかわからなくて泣いてしまうことがあります。
怒られたときの対応方法がわからないので、軽いパニック状態になります。
すると、体がパニックを抑えようとして涙がでてしまうのです。
しばらくは怒られるたびに泣いてしまうかもしれませんが、怒られることに慣れれば自分なりの対応方法がわかってくるので、そのうち泣かなくなります。
怒られる前に深呼吸をして気持ちを落ち着かせるとパニックを起こしにくくなるので、心の準備をしておくことを心掛けてみてください。

仕事で泣くのはプライドの高さが関係している

プライドが高く自分本位な性格の人は、怒られると泣いてしまう傾向があります。
怒られることに対して悔しさがあったり、恥ずかしさがあったり、自分では気づいていない潜在意識があることによって泣いてしまうのです。
ミスをして怒られる自分が許せないから泣いてしまうので、怒られることに慣れる必要があります。
ミスは頑張って取り返せばいい、頑張ったうえでのミスだからしょうがないと自分を許してあげましょう。

仕事で泣くのはアダルトチルドレンの可能性がある

アダルトチルドレンとは、機能不全家族の元で育った大人たちのことです。
機能不全家族とは、家族間の対立や虐待などが永続的になくなることがない家族のことをいいます。
アダルトチルドレンは、機能不全家族の元で育ったことが原因で、大人になってもなにかしらのトラウマを持っています。
アダルトチルドレンの場合、ミスしたことが悔しくて涙がでるわけではありません。
子どもが親に叱られて泣くのと同じで、怒られたことと怖さがイコールなので泣いてしまうのです。
もし自分はアダルトチルドレンかもしれないと思ったら、一度、精神科か心療内科で相談してみましょう。

たとえ怒られて泣いてしまったとしても、あなたの頑張りはわかっています

仕事でミスをしたら怒られるのは当たり前だとわかっているのに泣いてしまう。
このように、自分の意志とは無関係に涙が出てしまう人がいます。
特に新卒の女性に多いのですが、怒られると条件反射のように涙が出るので、自分自身も戸惑っている人が少なくありません。
優しい上司だと、自分が情けなくなって自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。
まさか仕事で泣くなんて想像もしていなかったでしょうね。
仕事ができないうえに怒られたら泣いてしまうのでは、上司にも周りの人にも良い目では見られていないのではないかと不安になるのも無理はありません。
上司や先輩にとって新卒を教育することは、毎年恒例の行事みたいなものです。
毎年いろんな新卒を見ているので見る目は確かです。
たとえ怒られるたびに泣く人であっても、上司や先輩は頑張っていることをよくわかってくれています。
とはいえ、職場で泣いてしまうと上司や周りの人が困ってしまいます。
これからは、その場はグッと涙をこらえて、トイレのような誰もいないところで泣きましょう。
上司に怒られて泣いてしまったときは、あとで必ずお詫びをすることが大切です。
泣いてしまったことをお詫びするとともに、自分でもなぜ泣いてしまうのかわからないと正直に伝えましょう。
そして、これからも変わらぬ指導をお願いして、いつも感謝していることを伝えましょう。
そうすれば、きっと良い関係が築けると思いますよ。
仕事で泣いてしまうのは、精神的な影響が大きいことがお分かりいただけたと思います。
多くは無意識なものなので、今回説明した原因を意識することで、仕事で泣くことは減っていくでしょう。
自分を責めずに、頑張っている自分を褒めてあげてくださいね。

 

 

女性が活躍している企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様