タグ一覧

仕事が終わらない悩みを解消!驚くほど効果的な3つの方法

仕事の量が多すぎたり急に仕事が入ったりすると、仕事が終わらない状態になりがちです。それが元で休みがちになったり退職を考えたりすることもあるでしょう。今回は仕事が終わらない悩みの解消法をご紹介します。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

仕事をスケジューリングする

仕事を効率的に進めるには、スケジュール管理が非常に重要です。
仕事のスケジュール管理がしっかりできていないと、期日までに終わらない仕事が発生しやすくなります。
まずは、これから取り組む仕事において最優先するのは、スピードなのかクオリティなのかを把握することが大切です。
把握することによって、仕事の優先順位が明確になります。
優先順位を把握したら、優先する順番にスケジュール帳やカレンダーに書き込んでおきます。
今日中に終わらせなければならない仕事は、メモや付箋に細かく書きだして目の前に貼っておくと効果的です。
こうすることによって、優先的にやることを強く意識できます。
このように仕事をスケジューリングしておくと、無駄な時間を掛けることなく効率的に仕事ができるようになります。
突発的に仕事が発生することも多々あるので、ある程度先読みしたスケジューリングをすることがポイントです。

仕事が終わらないときは一人で抱え込まない

社会人として仕事をしていると、キャパオーバーが起こってしまうことも少なくありません。
一人でできる仕事量は人それぞれ限界があるので、自分の限界を超える仕事量が発生した場合、一人で終わらせるのは困難を極めます。
キャパオーバーが起こると、どうしたらいいのか分からなくなって悩んでしまいがちですが、悩んでいる時間が多いから仕事が終わらなくなるというケースが多分にあります。
悩む時間を少なくするためには、一人で抱え込まずに周りの人の力を借りる必要があります。
きっちり仕事を終わらせることができる人は、周りの人に依頼するのがとても上手です。
そのような人は、一人で抱え込むよりも結果的にスピード、クオリティともに上がることを知っています。
仕事でキャパオーバーを起こしやすい人の特徴として、「断らない人」があります。
断らない人は、周囲から見たら非常に頼みやすい人なので、遠慮なく仕事を頼まれてしまいます。
頼みやすい人にならないことで、仕事が終わらないという状況を防ぐことができます。
周りの人の力を借りる際には、上司に報告する必要があるかもしれません。
自分一人では対処できないので応援を頼みたいという旨を説明すれば、理解してもらえるはずです。
ときにはチームワークによって仕事を終わらせることも必要なので、仕事が終わらないときは、一人で抱え込まないようにしましょう。

モチベーションアップのためにライバルを作る

効率よく仕事をこなすためには、作業効率のほかに精神面の充実も大切です。
黙々と仕事をこなしていくのも悪いことではありません。
しかし、周りと比べて自分の仕事はクオリティが高いのか、スピードは速いのかなどを確認しづらくなってしまいます。
そういったことを確認するためには比較対象が必要です。
「あの人には絶対に負けたくない」というライバルを作りましょう。
ライバルを作ることでモチベーションアップに繋がります。
ライバルには評価で負けたくないのかスピードなのか、自分の中で明確な基準を作っておきます。
そうすることで、危機感を感じながら仕事を進めることができるようになります。
危機感を感じながら仕事をしていれば、「どうすれば効率的に仕事を進めることができるか」を考えるようになるので、仕事のスピードが格段にアップします。
ただし、憧れの人をライバルにするのは避けてください。
能力の差が違い過ぎるので、逆にモチベーションが下がってしまいます。
仕事が終わらないと悩んでいる人は、まずはいろいろな方法を試してみましょう。
きっと自分に合った方法が見つかるはずです。
そのときには、仕事が終わらない悩みは解消されていることでしょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様