タグ一覧

失敗しない転職時期とは

転職を考えている人にとって“失敗したくない”というのは当然の願望でしょう。“転職の時期”についての知識を持っておくことは、失敗リスクを減らすために必要な要素の1つです。

 

風通しのいい社風の企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

ベストな転職時期はあるのか?

「いつ転職するべきか?」というのは転職する人にとって必ず考えなければならないテーマの1つです。
この“いつ”の部分については見方が2つあります。
それは、「自分の環境が整った瞬間がベストである」という見方と、「1年12か月のうちの何月がベストか」という見方です。
この2つ“いつ”のポイントを押さえておくことは、周りと自分にリスクを少なくし、スムーズに転職をするために必要な要素です。

失敗リスクを減らすために知っておきたい“2つの転職適齢時期”とは?

ここでは、この2つの視点から転職の適齢時期について詳しく考察していきます。

身の回りの環境を整えてから

転職は焦れば焦るほど、失敗のリスクが高まるものです。
まずは、そのリスクをできるだけ軽減させるために、落ち着いて身の回りの環境を固めていきましょう。
次の5つの点をしっかりと固めることが大切です。
・転職先の選定と決定 ・上司(会社)への報告 ・仕事の引継ぎ ・生活費の蓄え ・生活の計画作成 転職希望の会社を選定し、転職活動を進めている中で、上司へ報告するタイミングを見計らいましょう。
採用が決まり「来月から来てほしい」などと希望されたときは、できるだけスムーズにYESと答えられるようにしたいものです。
また、仕事の引継ぎも会社にとっては重要な作業です。
引継ぎや就業規則の決まりから、「今日退職を伝えて明日辞める」ということは難しいのが現実です。
こうした点からも、上司へ報告も早いに越したことはありません。
しかし、一番は転職することがほぼ確定してからの方が無難でしょう。
もしも、転職活動が思い通りに進まず、退職後も仕事がないような状態が続くと取り返しのつかないことになりかねません。
そして、こうしたリスクを補うための準備が、“生活費を蓄えておくこと”と“生活の計画作成”でもあるのです。
不測の事態に備えて、少しでも多く貯金をしたり、収入源を確保しておくことが大切です。
また、転職したてのころは、以前よりも給料が低くなる傾向が強いです。
なので、しっかりと自分の収入と支出をあらかじめ計画しておく必要があります。
このように、仕事におけるリスクだけでなく、転職によって起こり得る、自分の生活におけるリスクも考えながら行動することが求められます。

4月と9月は求人が増えるのでチャンス

一概には言えませんが、4月と9月は多くの会社で人事異動が行われやすい時期ですので、比較的求人が増加する場合があります。
といっても、この月が“失敗しない転職時期”なのではありません。
4月と9月から働ける人材を募集しているので、動き出すのはもっと早い時期からでなければなりません。
もちろん、転職を考えている人は月によらず、毎日求人をチェックしているのかもしれません。
ですが、やはり自分が採用されやすい時期を狙いながら効率的に転職活動をすることが、結果的に失敗を軽減することにつながるのです。

ワンポイントアドバイス

適した転職時期として、「賞与をもらってから」もしくは「有休を消化してから」という視点もあります。
これらは生活費の蓄えにもなりますし、できれば計画の内に入れて転職に生かしたいものです。
また、会社が繁忙期の際の転職は迷惑がられることもありますので、できればその時期を乗り越えてから退職するような段取りが取れればいいかもしれません。
ただし、この時期をメインに考えすぎるあまり、本来の目的である転職活動を遅らせたり求人を見逃したりしてしまっては本末転倒です。
たとえ賞与がもらえなくても、会社に多少の迷惑が掛かっても、自分が本気で転職をしたい会社があるのならば、チャンスを逃さずに実行するべきです。
ここでのアドバイスを踏まえて自分の中で優先順位をつけながら、できるだけリスクの低い転職時期を見極めるようにしましょう。

 

風通しのいい社風の企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様