タグ一覧

仕事がデキる人が実践しているノートのまとめ方

仕事にミスは付き物ですが、できることなら最小限に留めたいですよね。仕事のミスを減らすためには、仕事がデキる人が実践しているノートのまとめ方を真似ることが最善です。そんなノートのまとめ方を順に見て行きましょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

まとめやすいノートを使う

仕事のノートをまとめるときには文字だけではなく、図、絵、マインドマップなどを書くこともあります。
一般的な罫線の入ったノートは、図、絵、マインドマップなどを書くには不向きです。
書けないこともないですが、より書きやすい方眼のノートを使うようにしましょう。

仕事のノートを分かりやすくまとめるテクニック

・1ページ目に目次を作る せっかく仕事ノートをまとめても、どこになにを書いたかすぐにわからないと、見直すときに余計な時間と労力が掛かってしまいます。
そうならないために、そのページになにが書いてあるのか、いつ書いたのかを必ずページ上部に書いておきましょう。
ページ下部には、そのページが何ページ目なのかわかるようにページ数を書いておきます。
それと同時に目次も作成しておくと非常に便利です。
ノートの1ページ目に、タイトル、日付、ページ数を書いておくと、とても効率よく見直すことができます。
・まとめるときは1ページ1テーマが基本 仕事のノートをまとめるときは1ページ1テーマが基本で、1ページに異なるテーマをいくつも書かないように注意してください。
1ページ内にいろいろなテーマの情報が書いてあると非常にわかりづらいノートになってしまいます。
・アイデアは最後のページから書く 仕事をしていると、ふとアイデアが湧くことがありますよね。
大切なアイデアを通常の情報と同じように書き込んでしまうと、アイデアが埋もれてしまい見直しづらくなってしまうので注意が必要です。
アイデアを見直しやすくするためのテクニックの一つに、「最後のページから書く」があります。
最後のページから書くことで、一冊のノートを二冊として使うことができます。
しかし、ただ最後のページから書くだけでは、ノートを使い切ったときに通常の情報とアイデアの境目がわからなくなってしまいます。
それを避けるためにノートの天地を反対にして書くことで、通常の情報とアイデアの境界がすぐにわかるようになります。
アイデアに限らず、通常の情報と分けて書きたいことがあるときに使えるテクニックです。
・単語や文章を色分けする ノートを書く際には、単語や文章を色分けするとわかりやすくなります。
多色ボールペンを使って、重要なことは赤、自分の考えは緑、通常の情報は青、などのように色分けすることで、視覚的にノートを見ることができます。
見直したときに赤や青ばかり目立っていれば、自分の考えが残せていないと一目でわかるので、そのページに書いてあるテーマを再確認するいい機会にもなります。
・必要な情報はコピーして貼っておく ノートには文字、図、絵、マインドマップなどを書き込むだけではなく、メモや必要な情報などがあればコピーして貼っておきましょう。
手書きで書けることは手書きでもいいのですが、表やグラフなどを手書きするのは手間なのでコピーでOKです。
ノートをまとめることに時間を掛けすぎないように注意してください。
「まとめた」ことに満足してしまい、見直す気にならないことがあるからです。
仕事でミスをしないためには、“情報や自分の思考をわかりやすく整理して書く”ことが大切です。
わかりやすく整理するためには、“見直すことを前提としてまとめる”のがコツです。
仕事がデキる人が実践しているノートのまとめ方を全て取り入れるのが一番いいのですが、なにか一つでも、「やってみよう」と思うことがあれば、是非実践してみてください。
これまでよりも確実に仕事のミスが減ります。
この記事で解説した仕事のノートのまとめ方をベースに、自分なりのまとめ方を模索してもいいでしょう。
この記事が、仕事ノートのまとめ方がわからない人の参考になれば幸いです。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様