タグ一覧

仕事ができない人の特徴とは

仕事ができない人には、幾つかの特徴があります。何故、仕事ができないのか、冷静に考えて今後の仕事に活かせるように頑張りましょう。耳の痛い話かもしれませんが、自分を見つめなおす機会として受け止めましょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

仕事ができない人とは

仕事ができない人は、先ずヤル気が起きないという特徴があります。
そして気分の問題ですが、仕事が全然楽しくない、と感じている人も多いのではないでしょうか。
そして、仕事で「ヘマ」や「ミス」ばかり繰り返しがちです。
また、新しいことを覚えようとしても、3日坊主になって諦めてしまうという負のパターンを繰り返してしまうのです。

ポリシーがない

仕事ができない人は、ポリシーが無いので、その場しのぎの仕事をしている傾向があります。
そうなると、仕事が遅くなり、ミスが起こります。
ミスが起きてからリカバリーできるまでの時間もかかるからです。

段取りがいい加減

仕事ができない人は、段取りがいい加減なので、納品などに時間がやたらとかかります。
普通は、自分の仕事を整理して優先順位を付けて、どの仕事をやっていくかを決めていく段取りをします。
その段取りができていなので、何でも時間がかかってしまうのです。

実行が伴わない

仕事ができない人は、評論ばかりで、実践や行動をしないので、良くも悪くも結果が出ません。
口が達者な人程、実際には行動を一つも起こしていないことが多いものです。
だから、成果がでないのです。

言い訳ばかりする

仕事ができない人は、失敗や結果に対して、言い訳ばかりして、仕事ができるための方策を考えない。
期限や納期を守れないことに対して、「忙しいから」「トラブったから」など言い訳ばかりします。
言い訳ばかりでは、成長することはできません。
その上、会社も成長することができません。
どうやったらいいのかをプラス思考で、考える癖を付けることが大切です。

忙しいことがカッコいい?

仕事ができない人は、忙しいことがカッコいいと思い込んでいる傾向があります。
仕事がたくさん来て、忙しく毎日残業している自分がカッコよく見えてしまうのです。
しかし、これは単に仕事の優先順位の切り分けが出来ていないだけで、部下に振る仕事、捨てる仕事を見極めることができていないだけなのです。
実は、「忙しい」を連呼している人は、仕事ができない人なのです。

失敗を繰り返す

更に、仕事ができない人は、反省や評価をしないので、同じ失敗を何度も繰り返してしまいます。
メモを取らない、反省しない、計画(PLAN) → 行動(DO) → 評価(CHEK) → 改善(ACTIN)を回さないので、仕事ができないと言われてしまいます。

自分で仕事を抱え込む

また、部下や同僚を信用していないので、全部自分で仕事を抱え込み、人に仕事を振れない上司が中にはいます。
レベルの高い仕事を自分でこなして、低い仕事を部下に振っていくという、勇気を持って権限移譲していくことができないと、会社を活性化させることができません。
自分は、仕事ができないと感じている人は、以上のことを、仕事ができる人間になれる原点として覚えておきましょう。

もしかすると回りが仕事のできない人に育てている?

もしかすると、仕事ができない人は、上司や先輩に恵まれていない可能性も少なからずあります。
仕事ができない人は、ダメ人間という訳ではありません。
職場での利害関係が無ければ、「まあ、悪い人ではないから」と、広い心で受け入れたり、スルーすることもできますが、直接関わっている立場であれば、無視することもできません。
何度説明しても内容が伝わっていない時は、相手の理解と、説明する側にズレが生じている可能性があります。
育った環境や立場の違いなどで、イメージする内容が全く異なる場合があります。
常に、相手の理解度を確認し、相手に合わせた説明をするように心掛けてみましょう。
また、話をする時に相手を委縮させたり、怖がらせているために、恐怖で頭に内容が入らない、ということも考えられます。
そういった場合は、優しい先輩に指導を任せてみると、上手くいくかもしれません。
向き不向きがありますので、どうしても仕事ができないようであれば、転職や部署異動も考えましょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様