タグ一覧

感情的な女性上司の対処法

感情的な女性が上司になってしまった場合は、上司の感情を逆なでしないよう、上司の状態を見て上手に対応をする必要があります。感情的な上司に対する対処法を4つ、説明します。

 

女性が活躍している企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

女性には感情的な人が多いと言われていますが、感情的になりやすい女性の上司の下で働くことになってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか? 感情的な女性上司の対処法を4つお教えします。

ヒステリックな状態の時は逆らわないで落ち着くのを待つ

まず、女性がヒステリックな状態になってしまった時は何を言っても無駄ですし、ヘタに神経を逆なでしてしまうと火に油を注いでしまします。
ですから、上司が感情的な状態になってしまったら、とりあえず落ち着くのを待ちましょう。
いくら感情的な人でも、一通り感情を爆発させれば、そのうち怒りは収まります。
怒りは、一度発散させれば、すっきりするものだからです。
そして、冷静な状態になってから、冷静に仕事の話を続けましょう。

「共感」「同調」の基本スタンスで接する

感情的な人の怒りのスイッチを入れてしまわないためには、普段から注意すべきことがあります。
それは、「共感」と「同調」の基本スタンスです。
女性は常に、「共感」と「同調」を求める生き物です。
「そうだよね」「私もそう思う」という「共感」と「同調」をしてもらうのが大好きなのです。
そして、「それは違うと思う」という「否定」や、「こうした方が良い」という「解決を提示する言葉」に、反発してしまうという性質もあります。
特に、感情的になりやすい女性は、「否定」の言葉にとても敏感で、意見を否定されただけではなく、自分を否定されたととらえてしまうのです。
感情的な女性上司に対してズバズバと意見をぶつけてしまうと、「怒りのスイッチ」が入りやすいので、おすすめできません。
ですから、 「そうですね。
私もそう思います」 「その案も良いと思いますが、こちらもこういう良い点があります」 などと言うように、常に「共感」と「同調」を意識して接することをおすすめします。
たとえ直後に反対意見を言う場合であっても、いつも「うんうん」とうなずいて話を聞いてください。
そして、第一声は「そうですね」「良いと思います」と言うことを心がけるだけでも、相手の感じ方は変わってきます。
ぜひお試しください。

機嫌が悪い時は無難にやり過ごす

感情的になりやすい女性上司と接する時には、「今彼女がどのような精神状態か?」ということを把握しておくことがとても重要です。
忙しくてカリカリしている、何か仕事がうまくいっていないようだ、体調が悪そうだ、という状態の時には、話しかけない方が良いでしょう。
逆に、テンションが上がって楽しそうな時や、落ち着いた状態の時に話しかけるようにしてください。
しかし、どう見ても機嫌が悪い状態の時に大事な話がある、などという場合もあるでしょう。
そんな時には、腹をくくって話しかけるしかありませんね。
また、上司の機嫌が悪そうなときには、同僚などと冗談話に花を咲かせるようなことも避けた方が無難です。

常に毅然とした態度を取る

感情的で怒りっぽい人が、怒りをぶつけやすい人というのもいます。
いつもおどおどしていて自信がなさそうな人や、優しい人、または、逆に気が強くて「喧嘩上等」とばかりに売られた喧嘩を買ってしまう人、などでしょうか。
キャラのせいで怒りをぶつけられる対象になるよりは、怒りをぶつけにくいキャラになる方が、ストレスなく過ごせそうです。
怒りをぶつけにくい人とは、常に毅然とした態度を取ることができる人です。
感情をぶつけられても、毅然とした態度を崩さず話を聞いて怒りが収まるのを待って、その後も、普段と変わらず仕事の話を続けられれば、感情的な上司としても、いつまでも怒りをぶつけるわけにはいかないでしょう。
これは、なかなか難しいことかもしれません。
しかし、変に上司の顔色を伺っておどおどしすぎると、怒りをぶつけられやすくなってしまいます。
ですから、ある程度毅然とした態度を取れるようにしておくことは、感情的な女性上司に対して有効な手段なのです。

 

女性が活躍している企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様