タグ一覧

仕事を辞める理由は明確ですか?

場合によっては、会社を辞めて転職する事が人生にとっては良い事もあるでしょう。しかし、実際に転職するときには何が嫌で辞めるのか、何を求めて転職するのか、その理由を明確にする事が、転職成功のためには重要です。

 

第二新卒OKの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

最近の大卒は3年以内に30%の人が会社を辞めて転職すると言われています。
転職する事が人生のために必要な事もあるでしょう。
しかし、会社を辞めて転職する際には、なぜ会社を辞めるのか、何を求めて転職するのかを明確化する事が必要です。
仕事を辞める理由を明確化するのです。
これを明確にせずに転職すると、これなら前の職場の方が良かったと言った結果に陥る事もあります。
何となく嫌だと言った気持ちで転職して失敗をしない為に、会社を辞める前にどんな事を整理すべきか、その方法も含めて解説したいと思います。

仕事に関する様々な要素の列挙

会社の仕事に満足できるか否かは、仕事の内容や賃金などの待遇、ワークライフバランス、その会社の風土等の様々な要素が、自分に適しているのかと言った視点で、仕事や会社に対する満足度が決まっています。
これは勤務している人に共通な点もあれば、個人の仕事観や人生観によって異なる点もあります。
まずは、会社を辞める理由を明確化するために、こうした要素毎に細部項目を列挙する作業から始めましょう。
例えば、仕事内容の要素では、仕事は自分に向いているか?仕事の難易度は自分に適切か?この会社で自分のスキルが磨け、将来のキャリア形成が可能か?と言った細部項目を列挙するのです。
また、ワークライフバランスの要素なら、残業時間は自分に取って適切か?休日出勤などが自分のライフスタンスにとって課題ではないか?と言った項目を挙げるのです。
この項目の列挙そのものは、個人差があり、その項目自体がその人の仕事や会社に何を求めているのかの一端を示しているとも言えるのです。

列挙した細部項目毎に満足度と改善可能性を明確化する

先に列挙した細部項目毎に自分の満足度や適合度を、満足、普通、不満と言った3段階評価してみましょう。
また、現状では不満と評価したが、自分の努力や上司や先輩への働きかけによって、普通評価に改善できる可能性がないかも考えます。
こうして3段階評価で不満とした項目を不満度の高い順に並べ、どこまでが取り除ければ会社を辞めずに続けられるかを考え、その要素の改善方法がないかを再度考えます。
この様に、客観的に仕事や会社に対する満足度を評価し、それでも不満度の高い要素の改善見込みがなければ、その項目(1つの場合もあれば、複数の場合もあるでしょう)が仕事を辞める理由だと言う事になります。
ここまで客観的に検討すれば、そこそこ良い環境下で仕事ができているのなら、自分が何となく嫌だと感じていた事は、自分の甘えだとも気付くでしょう。
良く考えずに離職する事を防ぐためにも、この仕事や会社に対する要素列挙と評価分析は行うべきなのです。

転職に当たって、この満足度評価をさらに活用する

客観的に評価分析し、やはり辞めるべきだと判断すれば、転職に向けて、さらにこの評価分析を見ながら自分の気持ちに問いかけましょう。
分析で出た辞める理由が解消されるなら、満足や普通評価であった項目がレベルダウンする事をどの程度許容できるのかを考えるのです。
分かりやすい例では、ワークライフバランスの要素で、残業時間が多すぎる事が仕事を辞める大きな理由の場合、これが自分に適当な時間になるなら、賃金などの待遇面がダウンしても良いか?どこまでダウンする事が許容できるかと言った事を考えるのです。
すべての項目で満足や普通を得られればそれに越した事はありませんが、少し意に染まず不満となる項目が生じても、今の辞める理由の主要素が取り除けるなら、犠牲を払える項目やその度合いをしっかりとイメージするのです。
こうして新たな転職先を探す時、この項目要素に対してできるだけ事前に情報収集して転職活動を行うべきです。
事前に情報収集できない項目があれば、面接時にそれを明確化するぐらいの覚悟を持って転職活動に臨む事です。
以上の様に、漫然と仕事を辞めて転職するのではなく、きっちりと分析評価し、仕事を辞める理由を明確化する事が、失敗しない転職のためには極めて重要なのです。

 

第二新卒OKの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様