タグ一覧

効率の良い転職活動の方法

転職活動をするなら、転職エージェントを活用しましょう。案件紹介だけではなく、応募書類のチェック、模擬面接、応募案件の待遇の確認も代わりにしてくれます。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

転職エージェントに登録しよう

転職を決意した後、転職先を探す方法はいくつかあります。
転職情報誌を購入、もしくはフリーペーパーを入手し、転職先を探す。
インターネットの転職案件を自分で探す。
いずれの方法も転職先は限られてきます。
転職活動を効率よく行うなら、転職エージェントに登録しましょう。
医師、弁護士、コンサルタントなどを目指す場合は、これらの職種を専門で扱う転職エージェントがあるので、それらに応募しましょう。
一般企業の営業職、技術職、マーケティング職、経理職など一般職種の場合は、大手エージェントから登録していきましょう。
目標は10社です。
どの転職エージェントから良い案件を紹介してもらえるかわからないので、可能な限り10社程度は登録しましょう。
登録はインターネットから行います。
転職エージェントの応募フォームに、住所、氏名、電話番号、学歴などの個人情報を登録します。
次に現在の勤務先を含む職務経歴を登録します。
そして希望業種、職種を登録します。
この時点で履歴書、職務経歴書のデータがあれば、それらを登録することも可能です(この時点でなくても大丈夫です)。
登録フォームはどのエージェントも基本同じ項目です。
登録後、担当者からメールまたは電話で連絡が来ます。
内容は転職エージェント担当者との面談です。
面談時に具体的な転職理由、転職希望の業種、職種などのヒアリングがありますので、面談前にこれらの情報をまとめておきましょう。
面談では案件がれば、早速紹介されます。
自分の希望案件が市場でどの程度募集があるかの情報を聞くこともできます。

履歴書・職務経歴書を作成しよう

面談時に、転職エージェント担当者から履歴書・職務経歴書をサイトに登録するよう促されます。
家に帰ったら、早速履歴書・職務経歴書を作成しましょう。
インターネット上に履歴書と職務経歴書のフォームがあります。
大手転職エージェントではサイト上に書き方の例もありますので、参考にしましょう。
出来上がったら転職エージェントサイトにこれらをアップロードします。
アップロード出来たら、担当者に連絡して、内容チェックをお願いしましょう。
よりよい応募書類にするための具体的な指摘をしてくれます。

転職案件に応募しよう

エージェントから転職案件を紹介してもらったら、条件が少しぐらい悪くても希望業種、希望職種であれば、どんどん応募しましょう。
応募する理由は二つあります。
ひとつめは、作成書類が転職市場で認められるものか確認をすることが出来ます。
書類選考が通らないようなら、履歴書・職務経歴書の出来がよくありません。
書類選考に通るようにさらにブラッシュアップしましょう。
ふたつめは面接の練習ができることです。
一般的な転職面接はそれほど甘くありません。
面接に一発合格することはないので、事前の練習をオススメします。
もし最後まで通過して採用されても断れば良いだけの話です。
企業の採用担当者への連絡は全てエージェントが行ってくれるので大丈夫です。
ただし、書類選考が通ったのに面接に行かないとか、一次面接に通ったのに次の面接に行かないというのは、エージェントは嫌がります。
一度応募したら自己都合で辞退するのは止めましょう。
また、面接では聞きにくい給与の条件や福利厚生もエージェントが企業の担当者に代わりに聞いてくれます。
気になる点は事前に確認しておきましょう。

採用試験を受けよう

書類選考に合格したら、次は面接です。
エージェントにお願いすれば、模擬面接を行ってくれます。
採用試験は一発試験です。
後悔しないためにも模擬面接で訂正すべき点を指摘してもらうようにしましょう。
面接で言わなければならないことは、「自己紹介」と「志望動機」です。
これらがしっかり淀みなく説得力を持って面接で話ができるように、模擬面接や他社の面接でしっかり練習しておきましょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様