タグ一覧

転職を決断する3つの理由と気をつけるべき点

転職を決断する3つの理由は大きく次の3点です。「年齢制限」「会社の将来性が不安」「キャリアアップ」の3点と、転職する際に気をつけるべき注意点についてご紹介いたします。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

年齢制限

今の日本では60歳を超えても働くのが当たり前になっていますが、転職が可能な年齢というのは、意外に低いものです。
これも諸説ありますが、一般的には30歳から35歳までと言われています。
もちろん40歳、50歳になっても転職は可能ですが、どうしても職種や待遇面などで大幅な制約が出てしまいます(50歳を超えて正社員で転職するのは非常に難しいです)。

そのため、それなりの待遇の職につきたいなら、若いうちに決断するしかないのです。
この日本では年齢というものが非常に重視されるので、転職をしたいなら出来るだけ若いうちにした方がいいのです。

30代になった人たちが「果たしてこの先、ずっとこの会社にいていいのだろうか」 と考え、転職にいたるケースが多いですが、この理由で転職する場合、もう残り時間がないと焦って転職して痛い目をみるパターンが意外と多いので、年齢制限にあまり惑わさせず、じっくりと転職先を探すことが肝要です。

会社の先行きが不安

かつての日本は終身雇用が保証されていたので、一度正社員として会社に入ることに成功したら、後は自分からやめない限り平穏な生活を送ることが出来ました。
しかし、今の日本では会社都合によるリストラが頻繁に起こります。

これは中小企業だけでなく、大企業でもそうです。
まして、業績悪化のためボーナスカット、給料カットなんてことは日常茶飯事です。
そんな会社にいても先はない、いずれリストラか会社倒産で失業してしまう、そう考えた人たちが転職するのです。

ただ、会社の将来性と言うものはその時々で変わるので、この理由で転職を決断する人は、その辺も考えた上で転職する必要があります。
一例をあげると、日本の景気がよかったバブル時代は、本業にあまり力を入れずに、土地や建物への投資や他業種にどんどん進出していく企業が将来性があり、勢いがある会社だと見られていました。

それに比べると、地道に本業だけに力を入れ、他の分野へ進出しない企業は、鈍重で将来性がない企業だと見なされていたのです。
しかしバブルが崩壊したことで、これらの企業の将来性は一変します。
前者の企業は投資に失敗して多額の負債を抱えたり、なれない異業種の戦いで敗北を重ね、徹退戦を強いられることにより、倒産したり、弱体化する企業が相次ぎました。

逆に後者の鈍重な企業は、得意な本業に専念していたのでバブル崩壊のダメージを最小限に食い止めることができたのです。
その結果、バブル崩壊前と崩壊後で、企業の立場と将来性が大きく変わったのです。

このように、企業の将来性というのは時代が変われば、ひっくり返ることがありますので、それを理由に転職を決断するならその辺も計算に入れなければいけません。

キャリアアップのため

より自分の能力を高めるため、非正規雇用から正規雇用に転換するため、つまりキャリアアップのために転職を決断する人も大勢います。
この時気をつけるべき事は、その仕事が本当にキャリアアップに繋がるのかという点と、今の仕事では本当にキャリアアップに繋がらないのかという点の2つです。

今の仕事では雑用しかさせてもらえずキャリアアップ出来ないので転職したい、こういう例が世の中には結講ありますが、上の人がその雑用の仕事をきっちり見て適性ややる気を判断しているので、雑用係として使い潰すつもりはない、という場合があります。

この場合、下手に転職するより今の雑用で成果を上げて、上に認められた方がキャリアアップに繋がります。
なので、キャリアアップのために転職するなら、まず今の職場でキャリアアップ出来るかを徹底的に考えた方がよいでしょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様