タグ一覧

サービス提供責任者の仕事内容と必要なスキル

介護の現場で活躍する、サービス提供責任者とはどのような仕事をするのでしょうか。また、サービス提供責任者に必要なスキルとはどのようなものでしょうか。ここでは、サービス提供責任者の仕事についてご説明いたします。

 

サービス提供責任者の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

サービス提供責任者の役割は介護サービスをまとめること

サービス提供責任者は、介護現場でサービスの責任を負うことになり、非常に高い地位にいると考えてください。
介護サービスは、1人で行っているわけではなく、グループによって行動することが多いです。
そのグループが複数あり、対応している人が異なっているのですが、サービス提供責任者はそのサービスをまとめ、利用者との間に立って話し合いをするなど、サービスの責任を持ちます。

 介護サービスには、そもそも多くの人が携わっており、中には仕事をはじめたばかりで不慣れな人などもいます。
そうした人が、介護の利用者に対して誤ったことを行ったり、何をすればいいのかわからないなどの問題で、スムーズにサービスが受けられないこともあります。

サービス提供責任者は、事前にヘルパーに対して指示を与えたり、コミュニケーションを取ることにより、利用者との間にトラブルが発生しないようにします。
サービスを利用している家族側に対しても、様々な話し合いをすることになり、介護の苦労などを聞き、ケアをしてあげることも大事な仕事です。
サービスを提供している側として、家族の方にも安心して生活してもらえるように、そしてアドバイスすることによって、少しでも介護の負担を軽減できるよう努めるのです。

つまり、サービス提供責任者が責任を持つサービスの中には、家族に対するケアも含まれているのです。

基本的に、介護サービスを提供している会社は、ヘルパーが40人くらいに対して、1人のサービス提供責任者を設けるという決まりがあります。
介護サービスを提供しているところは、この決まりをしっかり守って、必ず1人以上のサービス提供責任者を選出しなければなりません。
当然経験が必要となっており、未経験の人が選ばれることはありません。

選出には経験と資格が必要

このサービス提供責任者に選ばれるには、介護福祉士の資格を持っていることが条件となります。

ある程度サービスを熟知していないと、そもそも介護の現場で責任者を勤めるのは難しいものです。
介護職員初任者研修、またはホームヘルパー2級を持っている人は、当然研修が終了していることも条件になりますが、最低でも3年以上の経験を積まなければなりません。
実績として、3年くらいやっていれば、大体のサービスはわかるだろうと判断されており、サービス提供責任者にしてもいいことになります。

ただ、現代の責任者は、非常に厳しい立場に置かれることもありますので、やはり介護福祉士を持っている人が優先され、その中から経験を持っている人が選ばれることが多くなります。
責任者である以上、ヘルパーに対する指導なども行わなければならず、大きな責任が伴うと同時に、非常にやりがいのある仕事となるでしょう。

 

サービス提供責任者の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様