タグ一覧

フードコーディネーターとは。仕事内容と必要なスキル

フードコーディネーターとはどのような仕事をするのでしょうか。また、フードコーディネーターに必要なスキルとはどのようなものでしょうか。ここでは、フードコーディネーターの仕事についてご説明いたします。

 

フードコーディネーターの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

フードコーディネーターの仕事内容とは

フードコーディネーターの仕事とは、まさに職のスペシャリストであるといえるでしょう。
フードコーディネーターは、料理を作り、食器などを選んで盛り付け、テーブルコーディネートを行います。
食事を綺麗に盛り付け、見栄えを良くしたり、また「美味しそう」と消費者に思ってもらえるように彩りよく華やかなテーブルセッティングを行うお仕事です。

活躍の場は幅広く、たとえばテレビの料理番組や食事などのシーン、あるいは雑誌や、フード系のレシピ本の撮影現場で活躍します。
また、レストラン、食品メーカーでのメニューの作製や、商品開発にも携わります。
フード関連のお仕事ならば、フードコーディネーターの活躍の場は多彩です。

さらに、現代では食育などへの関心も高く、ますます活躍の場は増え続けており需要は高まっています。
フードコーディネーターは、食事を作ることが好きであったり、人々に美味しい料理を提供したいという方に向いている仕事です。
さらに、食に興味があり、そしてこだわりや探究心をもつことが大切となる仕事です。
食に関しての流行などを知っておく必要もあるでしょう。

テーブルセッティングも仕事のひとつですので、テーブルセッティングに関する知識や、マナーなども押さえておく必要があります。
また、写真撮影をする機会も多いですので、写真撮影の技術などが必要とされる場合もあるでしょう。

フードコーディネーターに必要なスキル

フードコーディネーターとして活躍するためには、まずは料理が好きであるということはもちろんですが、料理に関する高い知識、技術が必要とされる仕事です。
また、食材に関する知識も必要ですので、フードコーディネーターとして活躍していくためには常日頃から勉強をし続けなければいけません。

自ら出向き、いろいろなテーブルセッティングや料理に触れてみるなど、探究心と向上心が必要とされる仕事となります。
また、フードコーディネーターの中には、栄養士の資格を持っているかたも多いようです。
栄養士免許、また調理師免許の資格があることで、採用には有利となります。

フードコーディネーターとして活躍をするためには、最初はアシスタントからスタートすることが多いです。
そこから、経験を積み、一人前となれば、活躍の場が広がります。
フードコーディネーターには、資格があり、日本フードコーディネーター協会が主催している試験に合格する必要性があります。
しかし、企画やショップスタッフ、販売などには必須の資格ではありませんし、未経験でも十分にチャレンジすることは可能となっています。

フードコーディネーターの将来性

フードコーディネーターとして活躍するためには、まずはアシスタントとして採用されてから下積みを経て、独立する方が多いようです。
たとえば、食品メーカーなどで経験を積み、その後事務所を構える方もいます。
独立後には、雑誌、企業でレシピ作成を行ったり、さらには料理教室を開講する方もいます。

食にかかわる仕事はたくさんあり、最近では、食育に注目が集まっていますので、自分次第でさまざまな活躍分野を広げられるでしょう。
そのため、比較的将来性も安定しています。
フードコーディネーターとして活躍するためには、まずは自分の腕や、センスなども必要ですが、独立して活躍するためには、営業力なども大切です。
自分自身の名前がブランド化した場合には、自分の店舗を持つ方もいます。
また、オリジナル商品を発売するなど、チャンスは無限に広がっているといえるでしょう。

 

フードコーディネーターの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様