タグ一覧

仕事に自信がない人が手に入れるべき心理学テクニック

自信のなさを克服するためには、それなりの思考や技術が必要です。難しそうに思われるかもしれませんが、案外やってみると改善出来る人は少なくありません。正しく技術を知り、仕事に活かしていきましょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

仕事をしていく上で壁に当たって自身がない状態に陥ることは、社会人の皆さんなら一度は経験しているのではないでしょうか。
ここで踏ん張って「よし、やるぞ!」となれたら良いのですが、中々そうはいかないものです。
自信のなさは仕事の出来に影響してしまいますし、そのせいで心身の健康にまで影響してしまうかもしれません。
今回は仕事の上でとても大切な「自信」という事柄について、解説していきます。

適度に自己評価をして冷静に状況を見直そう

自信がなくなるのは、劣等感であったり自己否定に押しつぶされることにも原因があります。
自分を否定する傾向が強い人ほど、何かトラブルがあった時にダメージが強く押しかかります。
また、常に自分はスゴい!何でも出来る!と考えている人も、理想が常に高いところにありますから思った通りの展開にならなければ一気に逆反転してドン底に自信がなくなることもあるのです。

優越感をほどほどに持ちながら、劣等感を出来るだけ持たないようにバランスを保つ…。
そう簡単なことでは無さそうですが、結局は何事にも「行き過ぎず」の精神が大事だということです。

仕事で失敗して心を病んでしまう人は、どのような性格の人だと思われるでしょうか。
劣等感が強く、いつも怒られている人を思い浮かべるかもしれません。
確かに、そういうタイプの人には心身共に疲れ果ててしまい、辞職される方は少なくはありません。
しかし意外なことにバリバリ日頃から仕事をこなしていて自己評価の高い人でも、仕事の失敗などによって心の病気になってしまう方も多いのです。

社会生活を送っていると、どうにもならないほどの大きな失敗も起こり得ます。
セルフイメージのとても高い人には、そのような失敗はプライドとして耐え難く、自信も大きく損なうことでしょう。
しかし、そのように自信がないときこそ、冷静に現実を見渡してみましょう。
本当にそれほどひどい失敗を犯したのか?本当に自分はダメな人間なのか?きっとそのような人でも何かひとつでも、誇れる何かを持っているものです。
それは家族や友人、過去の経験や実績などかもしれません。
そのようなことに思いを巡らすことが大きな助けになるかもしれません。

自信のない人は「もう一人の自分」に評価してもらう

自信がなくなってしまう場合、原因はどのようなことが考えられるでしょうか?仕事で大きな失敗をしたり、日頃から失敗が続いていたりするとどんな人でも自信をなくします。
そのような時に、どうすれば落ち込み過ぎず、気持ちを持ち直すことが出来るのでしょうか。

人から褒められたり、認められたりすると人間は自信をすぐに取り戻し元のパフォーマンスを発揮出来ます。
しかし常に人から正当で、理想的な評価が得られるとは限りません。
自己肯定感の強い(もちろん適度に)人は、成功しやすいと言います。
誰も認めてくれなくても、自分を信じることが出来る人はどんな環境にあっても心が折れにくいのです。

とは言っても、自分で自分を認めてあげるなどということは、中々簡単なことではありません。
生まれてきてからの人生経験でそういった性格が形成されていなければ、すぐに変わることは難しいものです。
しかし、最近ではある方法が注目されています。
それは、自分の中に客観的に自分を見つめてくれる存在を持つことです。
簡単に言えばもう一人の自分です。

専門用語では「メタ認知」と呼ばれていますが、有名な成功者には無意識的にこれが出来ている人が多いようです。
生まれつきネガティブな性格の人でも、成長過程でメタ認知が出来るようになった人は打たれ強い傾向にあるとのことです。
仕事などで他人からどんな評価を下されようとも、どこ吹く風という人は少なからず「もう一人の自分」を持ったりしているのかもしれません。
自分自身の無意識との対話をすることで、自分が本質的に求めていることが明らかになり、その結果、辛い状況も乗り切れることもあります。

こちらの書籍なども参考に、自信を持って仕事に打ち込める状況を作っていきましょう。

無意識と「対話」する方法 - あなたと世界の難問を解決に導く「ダイアローグ」のすごい力

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様