タグ一覧

テクニカルディレクターとは。仕事内容と必要なスキル

テクニカルディレクターとはどのような仕事なのでしょうか。また、テクニカルディレクターに必要なスキルとはどのようなものでしょうか。ここでは、テクニカルディレクターの仕事についてご説明いたします。

 

テクニカルディレクターの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

テクニカルディレクターの仕事内容とは

テクニカルディレクターの仕事内容とは、WEBサイトの制作を成功させるために必要な技術やシステム、WEBサイトの目的に最適な機能などを提案し、WEBサイト制作のチームメンバーをマネジメントするものです。
また、WEB制作会社のテクニカルディレクターの場合はクライアントと、自社サイトのテクニカルディレクターの場合は上長や他部署の人と交渉したり、目的達成のための提案を行います。

WEBサイトを作成する上での操作性の良さや効率的な集客方法を常に考え、WEBサイトの質を向上させます。
また、利用者にとって使いやすく、利便性の良いWEBサイトにするため、テクニカルディレクターとしての技術や知識を発揮します。
似たような職業で、ウェブディレクターや、ウェブプロデューサーの仕事がありますが、テクニカルディレクターの場合には、実際のWEBサイト制作に携わることも多いようです。

テクニカルディレクターという職種は比較的新しい職種であるため、スキルのあるWEBデザイナーが兼任することもあります。
特に中小企業などでその傾向は顕著です。
WEBサイトは、いまやどのような会社でも1つは運営しているものです。
そのため、最近では小さな会社でもWEB担当がいることが多く、テクニカルディレクターを含む、WEBデザイナー、WEBプロデューサー、WEBディレクター等、WEBサイト運営のあらゆる業務を兼任することも珍しくありません。

テクニカルディレクターになるために

テクニカルディレクターとは、比較的新しくできた職業であるため、ウェブプロデューサーといった職種と兼任することも多く、ウェブディレクターと呼ばれることも多いようです。
テクニカルディレクターの活躍の場は幅広く、WEB制作会社、そして広告代理店や、デザイン事務所などがあります。
働き方もまちまちで、正社員としての採用もあれば、契約社員、また派遣社員、そしてアルバイト、パートとしての働き方もあります。
また、技術や経験を習得し、そして独立し起業する方も少なくありません。
事務所を設立したり、フリーランスとしてWEBデザイナーと兼ねてマルチに活躍されている方もいます。
インターネットが普及している現代では、需要がありますので、自分自身で働き方を選ぶことができる職業であるといえるでしょう。

テクニカルディレクターの労働条件と必要なスキルとは

テクニカルディレクターの仕事は、非常に責任が重い仕事であり、WEBサイトを作り上げる責任者としてクライアントの要求に応えなければなりませんが、技術や経験があれば活躍の場は広がります。
テクニカルディレクターは多くの会社において、複数のプロジェクトを同時に担当することは珍しくありません。
そのため、スケジュール管理、進行管理などのスキル必要となり、製作スタッフをまとめるためのコミュニケーションスキルやマネジメント能力も必要となります。
テクニカルディレクターはクライアントと現場をコントロールする司令塔の様な仕事であり、強い責任感とリーダーシップも必要となります。

その他、テクニカルディレクターに必要とされるスキルとして、Illustrator、Photoshopなどのスキルは有利になることも多いですが、必ずしも必要であるというわけではありません。
テクニカルディレクターの場合には、どちらかというと、企画力や提案力、またプログラミングやデザイン、コーディングなどの理解力が必要となります。
また、クライアント、そして製作スタッフをつなぐコミュニケーション能力が必須です。
テクニカルディレクターになるためには、特別な資格は必要がありませんが、プログラマーや、WEBデザイナーとして経験を積み、その後テクニカルディレクターとして活躍される方が多いようです。

 

テクニカルディレクターの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様