タグ一覧

大企業から中小企業へ転職するときのメリットとデメリット

大企業から中小企業に転職する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここではメリット・デメリットの解説と、大企業から中小企業への転職に向いている方についてもご説明いたします。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

中小企業への転職

いまや大企業から、中小企業に転職をするという方も珍しくありません。
いまの時代では、さまざまな働き方を選ぶ方も多く、中小企業でやりたい仕事をしてみたい、という方も多いようです。
しかし、中小企業に転職をする場合、大企業とは職場の環境などがまったく異なることも多く、使用できるリソースや資金、人材等のスケールを読み間違えると痛い目に会うでしょう。

一方で、大企業では任されることがなかった仕事を任せてもらえたり、社長との距離が近いことで仕事や会社への意見が通りやすいなどのメリットもあります。
そこで、中小企業への転職のメリットや、気を付けたいことについてご紹介したいと思います。

中小企業への転職のメリット

大企業から中小企業へ転職すると、大抵は「できる人が来た」と期待されることが多いでしょう。
その期待をうまく活用することで、大企業に勤めていた時よりも高い職位からスタートすることができる可能性が高くなります。
例えば、大企業に在職している時は部下がいない平社員のような立場だったとしても、中小企業に転職すれば、いきなり係長や課長クラスの待遇で入社できるかもしれません。
その分期待値は非常に高いので、中小企業側が自分にどのくらい期待しているかは、よく確認しておく必要があります。

また、中小企業の場合は一人がいくつもの仕事をこなすことが多いので、一手にいくつもの仕事を任されることもありますが、その分自分が成長するためにはこの上ない環境です。
仮に営業職で入社したとしても、マーケティング、経理、経営、Web担当、人材採用などの様々な業務を兼務する可能性もあります。
この例は極端かもしれませんが、会社の状況に応じて、リソースの足りない部署をみんなでフォローするような姿勢が必要なのです。
そのため、ひとつの業務に専念したい、というような人にはあまり向かないかもしれませんが、会社全体の仕組みを理解したい人、マネジメントに興味がある人などにとっては非常にやりがいのある環境といえるでしょう。

もう一つ、とても重要なのが先程も記述しましたが、社長との距離が近いことです。
それは、経営者の立場から物事を考えたい人にとってはとても貴重な体験となるでしょう。
ひとつの会社の社長が、どのように考え、どのように決断しているかを間近で見れるのですから、それは大企業ではあまりできない体験かもしれません。
また、社長だけでなく、社員全員との距離も近いので、良くも悪くも人間関係はウェットなものとなるでしょう。
人とのコミュニケーションが好きな人にはおすすめの環境です。

中小企業への転職のデメリット

大企業から中小企業への転職のデメリットは、簡単ですが、すべてメリットの逆の側面と考えていただければ早いと思います。

仮に期待値が高い状態で中小企業へ入社した場合、もし実力よりも期待値の方が高かったら、それを知ったときの落胆度合いも激しくなるでしょう。
中小企業の社長の場合、ワンマン経営も少なくないので、期待値の落胆が即、風当たりの厳しい態度へと変貌することも珍しくありません。

様々な業務を任せられるということは、もしかしたらそのポジションがいつまでも埋まらないからかもしれません。
離職率の高い会社はそれなりの理由があるものです。

社長や社員との距離が近いというのは、過去に人間関係でのトラブルを抱えたことのある人には重荷かもしれません。
ワンマン社長すら手のひらで転がすくらいの大きな気持でいられなければ、精神的に参ってしまうこともあるかもしれません。

中小企業へ転職しても活躍できる人とは

ではいったい中小企業に転職しても活躍できる人とはどのような人でしょうか。
それは、端的に言えば、自分の成長のためのハングリー精神があり、かつ、会社の経営を自分ごととして捉えて能動的に動ける人です。

中小企業での仕事は常に横断的で、自分の職務の明確な範囲などありません。
特に大企業から転職してきた人には多大な期待が寄せられますので、多くの責任ある業務を任されることでしょう。
しかし、それらの任された仕事をただこなすだけでは、社長からはただ指示されたことをこなすだけの人、と見なされてしまいます。
そのような人への指示は、特にワンマン社長の場合、徐々にエスカレートして感情的なものとなり、仕事ができない人のレッテルを貼られてしまいます。
指示されたことを一所懸命こなしているのに、です。

そうならないためにも、経営者の目線で一歩先読みしながら、会社がより良くなるためにいま自分がとれる最善のアクションは何なのかを常に考えて、実際に結果をだしていかなければなりません。
それは厳しい道となりますが、自分が成長するためには最高の環境です。
そんな厳しい環境すらも前向きに捉えて邁進できるような人こそ、大企業から中小企業への転職に向いている人と言えるでしょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様