タグ一覧

仕事の失敗を恐れない

長いサラリーマン人生の中で、成功し続けることは皆無と言っても過言ではありません。会社の先輩方も、若いころはきっと多くの失敗を経験してきたはずです。大事なことは、いかに失敗した経験を次に活かすかということです。失敗をただの失敗で終わらせてしまい次に繋げられなければ、長い人生のなかで大きな損失となるでしょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

仕事に失敗はつきもの

人生において、成功することもあれば失敗することもあるでしょう。
特に、社会人になりたての新入社員は、会社生活の中で仕事をなるべく失敗しないように努力していると思います。
「石の上にも3年」という言葉がありますが、社会人でも仕事に慣れるまでに約3年はかかるのではないでしょうか。
その3年の中で、いかに多くのことを学び、経験しノウハウや知識を蓄積するか。
それが、この3年間で一番大事なことではないでしょうか。
しかし、失敗を恐れないという気構えを持つことも重要です。
そのような気持ちがなければ、失敗した時に大きな挫折感を味わうことにもなってしまいます。

そして、仕事を進めるにあたり、失敗はつきものであることを自覚しておくことです。
というのも、慎重かつ緻密に物事を計画し進めて行こうとしたとしても、予想外のことが起きる可能性は大いにあるからです。
まず、何事にも積極的に取り組むと同時に、失敗を恐れないことも若い社会人として大事なことでしょう。

仕事の失敗から学ぶもの

社会人の5年生、10年生といった諸先輩方も、若い時には多くのの失敗を経験されたことでしょう。
大事なことは、その失敗をバネにして、次に活かすことです。
よくあるのは、失敗した後にその原因を突き止めずに、すぐ別の仕事に取り掛かってしまうことです。
これは、一番やってはいけないことです。
トラブルや失敗があった時に一番大事なことは、後から検証することです。
検証することによって、どのようなことが原因でトラブルを招いたのか、失敗につながったのかということをハッキリと突き止めることが大事です。
それは再発防止のためでもあります。

仕事を進めていく上で、想定外の出来事は思っている以上に多く発生します。
しかし、想定外の出来事も何度も経験していくと、ある程度心構えができるようになってきます。
「このまま進めると次の段階で何らかのトラブルが発生するかもしれない」というように想定外の出来事を事前に予測できるようになってくるのです。
この段階にいくまでには、やはりある程度の想定外の出来事を経験し、失敗しながら乗り越えていくしかないのです。

それでも失敗しないように注意することは必要

失敗を恐れないこと、積極的に挑戦することは非常に大切です。
しかし、だからといって失敗していいわけではありません。
失敗することで、会社や上司、同僚、取引先、お客様に大きな迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。

仕事で挑戦して失敗を経験すると、自分は失敗する可能性を持っている、ということを自覚できるようになります。
一番怖いのは、自分が失敗するはずがないと思っている人です。
そのような人が失敗すると、対応が後手後手になり、失敗の被害が大きくなってしまうのです。
そうではなく、自分は常に失敗するかもしれないんだ、と思いながら細心の注意を払い、かつその失敗に対する対処法も常に想像しておくのです。
もちろん想像だけで、いざ失敗した時に即対処できなければ意味はありませんが、即対処して失敗のリカバリーができれば、その失敗は最小の被害に抑えることができます。

失敗を想定しながら仕事を進めていくと、仕事の規模が大きくなれば大きくなるほど、不安な気持ちも大きくなることでしょう。
しかし、それこそが責任なのです。
責任のない仕事に大きな価値はありません。
責任ある仕事に、不安になりながらも挑戦していくからこそ、周囲の人から評価され、またそこにやりがいを見出すことができるのでしょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様