タグ一覧

アナウンサーとは。仕事内容と必要なスキル

アナウンサーとはどのような仕事をするのでしょうか。また、アナウンサーになるにはどうすればいいのでしょうか。ここではアナウンサーの仕事についてご説明いたします。

 

アナウンサーの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

アナウンサーとは

皆さんはアナウンサーの仕事を存じでしょうか。
おそらくは知らないという人の方が少ないのではないでしょうか。
テレビをつけてニュース番組を見ればそこには様々なニュースを読み上げているアナウンサーの姿があるでしょう。
アナウンサーとは世の中に溢れる様々な情報をその言葉を使って人々に分かり易く伝えるのが仕事です。
ニュース番組などの場合は予め読むべき情報が原稿に書かれていますので、それを正確に読み上げるのが仕事になります。
しかしただそれを棒読みに読み上げても人々に分かり易くは伝わりません。
書かれている原稿の中でどこか重要であるかをしっかりと読み取り、そこに抑揚をつけて読み上げるなど視聴者に何を伝えるべきなのかをきちんと理解しなければいけないのです。

さてそんなアナウンサーですがその活躍の場は二つあります。
一つはテレビ局やラジオ局に勤務しているアナウンサーとフリーで活動しているアナウンサーです。
前者は局のスタジオ内などで生放送や収録を行うことが多く、後者の場合はスポーツの試合会場で実況、イベントの司会、レポーターなどを務めることが多いようです。
テレビ局に勤めていたアナウンサーが実績を積んで名前が売れてからフリーになる事も少なくありません。

アナウンサーに必要なスキル

アナウンサーになる為に絶対に必要な資格のようなものはありませんし、これを持っていれば就職に有利であるというような強い資格もありません。
しかし厳しいアナウンサーの就職事情を考えればプラスになる要素はいくらあっても困りません。
アナウンサー検定や漢字検定など必要と思われる資格は網羅しておいてもいいかもしれません。

資格を除けば、アナウンサーに必要なスキルとしてまず挙げられるのは発声でしょう。
喋るのがメインの仕事である以上はその滑舌の良さや声の大きさ、抑揚の仕方などは大きく影響します。
この練習は独学では難しく、客観的な指導が必要なことがほとんどです。
よほどの才能がない限りはアナウンサーを目指すなら専門のスクールなどに通った方が良いでしょう。

また、人前に出る仕事である以上は感情のコントロールが出来るかは重要な要素です。
多くの人が関わる現場で仕事をしますし、明るく前向きに人と付きあえなくてはいけません。
現場でのトラブルに対応する冷静さも求められますし、すぐに取り乱したり対処ができないようではアナウンサーには向いていないでしょう。
アナウンサーにはすぐに気持ちを切り替えて番組にいつも通りの表情で臨むことのできる能力が求められます。

アナウンサーになるには

アナウンサーになるにはテレビ局やラジオ局への就職が基本になります。
アナウンサーはその仕事の特殊性から、正社員として採用しているところがほとんどですので4年制大学もしくは短期大学卒業見込み以上の学歴が必要となります。
そしてアナウンサーになるにはテレビ局のアナウンサー職募集にエントリーする必要があります。
この募集は非常に倍率が高く、キー局ともなればその倍率は1,000倍とも言われています。
あまりにもその合格率が低いために採用試験に不合格だった人はあえて大学を留年して、翌年に再び新卒として試験に挑戦する人までいるそうです。
採用試験内容は、筆記試験に加えて原稿読みなどの実技試験もあります。
すべて独学で合格するのは至難の業です。
そのため、アナウンススクールに通い、受講生と情報交換をしながら最新の情報をいち早く手に入れるという事も必要です。
金銭的なデメリットはありますが、夢を掴む為にスクールに通う事も大切な手段といえます。

アナウンサーになるためのスクール

最後に

ところでアナウンサーといえばコネについての話をよく聞きます。
これは実際のところどうかはわかりませんが、そんなコネを持ってなくても合格したというアナウンサーは大勢います。
その後も仕事を続けることを考えれば一番重要なのはやはり自身の実力です。
もしもアナウンサーを目指すのなら、余計な事に気を取られずその実力を伸ばすのが一番の近道ではないでしょうか。

 

アナウンサーの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様