タグ一覧

カウンターセールスとは。仕事内容と必要なスキル

カウンターセールスとはどういった仕事をするのでしょうか。また、カウンターセールスの仕事に必要なスキルとはどのようなものでしょうか。今回はカウンターセールスの仕事について調査しました。

 

カウンターセールスの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

カウンターセールスとは

皆さんはカウンターセールスという仕事はご存知でしょうか? 恐らくはほとんどの人があまり聞き覚えない単語なのではないかと思います。
しかし多くの人が日頃からその仕事に接しているはずです。
カウンターセールスとは、つまり内勤営業であり来店したお客様に対して商品やサービスの説明などの営業活動を行う仕事です。
例えば、不動産屋や携帯電話ショップなどがそうで、チラシやホームページなどを見て来店したお客様に対し、商品やサービスの説明をして購入のお手伝いをします。
自ら商品やサービスの売り込みに行く営業と真逆で、お客様を待ち受けて営業するのがカウンターセールスなのです。
いずれにせよお客様と対面して営業を行う事には違いはありませんが、カウンターセールスの場合は来店している時点ですでにある程度の興味をお客様は持たれているわけですから、その後押しをする仕事ともいえるでしょう。

さて、来店したお客様への営業以外にもカウンターセールスには仕事があります。
それが電話営業です。
電話営業は読んで字のごとくで電話によって商品やサービスの説明をして営業を行う仕事です。
これには顧客リストや電話帳を元にこちらから電話をかけるケースと、通信販売やカタログなどを見て電話を掛けてきたお客様に対応するケースとがあります。
どちらも直接対面しない営業になりますので丁寧な口調で相手がイメージしやすいように商品の説明を行えるかが重要になってくるでしょう。
その際の対応の柔らかさが重視されるのか、カウンターセールスには女性の社員が起用されることが多いです。

カウンターセールスに求められるスキルとは

来店したお客様への営業も、電話営業もそのいずれにも特別な資格などは必要ありません。
ですので未経験者であってもチャレンジすることが可能な仕事だといえるでしょう。
しかしカウンターセールスは直接であれ電話であれお客様と対面して行う営業です。
ですので、丁寧な接客や説明を行えるビジネスマナーにプレゼンテーション能力などは必要とされることが多いでしょう。
営業する商品の知識は当然必要ですし、お客様の質問を想定してその回答を用意しておく必要もあります。
つまるところ特別な資格は必要ありませんが、高いコミュニケーション能力を求められる仕事なのです。
例えばお子様連れのお客様であれば、お子さんに絵本やおもちゃを貸してあげる等の細やかな心遣いが必要とされます。
ですので過去に販売や営業の経験などがあれば就職の際は優遇されるかもしれません。

カウンターセールスに就くには

先にも記述した通りカウンターセールスという仕事には特別な資格などは必要ありません。
ですので未経験者OKで募集されることが多く、就職するのはそれほど難しくはないはずです。
しかし仕事の内容的にその企業に関しての知識や販売や営業などの経験があった方が働くのに有利なのは間違いありません。
会社によっては持っていると優遇される資格などもありますのでそれらを事前に調べておくとよいでしょう。
カウンターセールスといってもその仕事を行える企業は様々な業種がありますから、自分にあった企業を選ぶことも大切です。

 

カウンターセールスの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様