タグ一覧

店舗開発とは。店舗開発担当の仕事内容と必要なスキル

店舗開発の仕事とはどのような仕事なのでしょうか。ここでは店舗開発の仕事内容と種類、必要なスキルについてご説明いたします。

 

店舗開発の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

店舗開発とは

皆さんは店舗開発という職種をご存知でしょうか?ご存じでない方でも、その名前を聞けばどういった職種であるかはある程度想像がつくのではないでしょうか。
店舗開発とはその名の通り店舗を開発する仕事です。
皆さんの身近にもある様々な店舗のほとんどは、ただやみくもに出展されているわけではありません。
小売り・外食業界では本部の店舗開発計画に基づいて出店していきます。
店舗開発職はその計画に基づいてどこに出店するか、どんな店舗を作るか、どのように開発を進めて行くかを指揮します。
つまり店舗開発職は新店舗の立ち上げに関する総合的な責任者であるわけです。

店舗開発の仕事内容

新店舗を出すには、まず本部の展開計画に沿った候補地を決めなくてはなりません。
例えば今年度は県内に十店舗展開する、というような目標であった場合は対象県内をリサーチして候補地を設定します。
不動産業者を通じて対象地域の有力な物件情報を収集していき、出店する店舗の業種を考慮しながら出店地域を絞っていきます。
この時に独立した店舗であるか、ショッピングモールなどに出店するテナント形式であるかの、出店形態もある程度決めておきます。
候補地が定まったらその地域のマーケティングを行っていきます。
人口や競合店の分布調査などの一次調査から、通行料、競合店視察などの二次調査を経て綿密なマーケティングを行っていきます。
さらに候補地の店舗面積や間口から、想定される来客数や売り上げなどをシミュレートしておきます。
それらから、導き出された売上高とコストから収支予測を立てて最終的な出店を決定します。
出店を決めたら今度は候補地の契約を行います。
候補地の状況にもよりますが、例えばビルの一階を出店の為大幅に改装する必要がある場合などは、家主との粘り強い交渉が必要となる場合もあります。
賃貸の場合は家賃の金額が新店舗の利益にも直結して影響しますので、その交渉も重要になって来るでしょう。
無事に契約がすんだらようやく店舗の開発に移ります。
店舗デザイナーとの建築図面調整や施工会社の選定、設備の手配なども全て店舗開発職の仕事です。
そうして店舗が完成したらスーパーバイザーなどへと引き継いで店舗開発職の仕事は終わります。

店舗開発に必要なスキル

店舗開発職になる為に必須となる資格などは特にありません。
しかし店舗開発には様々な分野のスキルが必要となり、未経験者がいきなり行えるような仕事でもありません。
まず求められるのはコミュニケーションスキルです。
社外問わず様々な人と関わるのが店舗開発職の仕事です。
スムーズに仕事を進める為にもコミュ二ケーションで躓いていては話になりません。
次に必要なのがマーケティングスキルです。
新店舗の候補地を選出するためには、現地の状況を正確に調査して把握する能力が求められます。
そしてコミュニケーション能力と被る面もありますが、プレゼンスキルも必要です。
新店舗の候補地を経営陣に納得させるためにはそのスキルは必須ですし、候補地の契約を結ぶためにも自身が優良な顧客であることを売り込まなくてはなりません。
そして最後に忘れがちなのがスケジュールの管理スキルです。
店舗開発は計画的に進むものですから当然締切が存在します。
店舗開発職には様々な業種との折衝も必要ですから、スケジュールを管理して全体を遅れなく進めて行くスキルが必要とされるのです。

最後に

店舗開発の仕事は様々な業種で募集されています。
あまり多くはありませんが未経験者可で募集を行っているところもあります。
新しいものを立ち上げるのが好きで店舗開発に興味のある人は一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

店舗開発の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様