タグ一覧

会計の仕事とは。仕事内容と必要なスキル

会計の仕事とはどのような仕事なのでしょうか。ここでは会計の仕事内容や、必要なスキルについてご説明いたします。

 

会計の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

会計とは?

会社の運営を行うためには必ずお金が必要となりますし、そのお金の出入りを正しく管理できているかどうかが重要となります。
そのお金の管理を行う事になるのが会計と呼ばれる仕事です。
会計が担うのは会社の存続そのものに関わる重要な業務で、収入に対する支出のバランスや、入出金の管理、財務に関する管理なども会計の仕事となります。
その為会計がしっかりしていれば会社の収支のバランスを保つことも出来ますので、会社の縁の下の力持ち的な存在だと言えます。
社員が購入する備品などに対する費用の管理なども会計が行う事になりますし、会社の維持に必要となる電気代など細々とした経費の管理も会計が行う事になるので、会社の経営状況を把握して無駄を省く提案などを行う事も、会計に求められる仕事となります。
分かりやすく言えば会社版の家計簿の管理といった仕事ですので、ミスの無いようにお金を計算し、管理することが重要です。

会計の種類と仕事内容

会計の仕事は会社のお金の管理を行う事が最も大きな業務ですが、会計にも種類があるためそれにより多少業務の内容も異なってきます。
会計の種類としては管理会計と財務会計があり、それぞれに担う業務が異なります。
管理会計は一般的な会計の仕事である売り上げ管理や、それに伴う利益の管理、コスト管理や収支のバランスの管理といったことを行います。
毎日の記帳も管理会計の仕事となりますので、会社の日々の収支を最も理解できているのが管理会計と言えるでしょう。
財務会計は管理会計とは異なり、日々の記帳などではなく決算報告で使用する財務諸表の作成や、会社の経営状態を管理し報告するのが業務となります。
大企業の場合は管理会計と財務会計が分けれられており、部署ごとに会計処理行うこともあります。
中小企業の場合は管理会計と財務会計の仕事が一つになっており、一般会計という形で全てを会計担当が処理することになるケースが多い傾向にあります。
その為会計としての種類が分かれてはいますが、企業ごとにその扱いが異なることになるため両方の業務を行う事になる場合もあります。

会計に必要なスキル

会計の仕事を行うために必要なスキルとしては、基本的にお金を管理して収支の計算を行う事になりますし、それを行うのはパソコンでの管理となるため最低限のパソコンスキルを有していることが必要不可欠となります。
その為エクセルやワード、会社に導入されている会計ソフトを使用出来ると言うことは会計に必要なスキルとなります。
会計の仕事は慣れてくればある程度スムーズに業務を行うことが出来るようになりますが、やはり財務管理や収支の管理、コスト管理なども行う事になるため、出来れば簿記を取得している方がより効率的に仕事を行うことが出来るでしょう。
それと会計業務の場合、様々な資料や書類、領収書などの管理も行う事になるため、整理整頓が得意で効率的にそれらをファイルにまとめることが出来る能力も求められることになります。
会計で行った記帳やファイルは、自分だけが見る者ではなく会社の取締役なども見ることになるものですので、管理が下手な場合は会社の収支などが一目でわからないということになります。
それでは会計としての業務を正しく遂行できていることにはなりませんし、決算報告などでも資料作成などを行うことになるので、優れたファイリング能力が備わっているほうが良いでしょう。
それと計算ミスが無いようにする必要もありますので、何度も確認する慎重さや、ミスを許さない真面目さ、もし計算が合わない場合に何度でも計算しなおすことが出来る忍耐力なども会計の仕事には必要です。

 

会計の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様