タグ一覧

物流管理の仕事とは。仕事内容と必要なスキル

物流管理とは具体的にどのような仕事なのでしょうか。また、物流管理者に必要なスキルや、経験とはどのようなものでしょうか。ここでは物流管理者になるために必要な情報を掲載しています。

 

物流管理の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

物流管理とは

物流管理と一口に言ってもかなり広い範囲に至りますし、多くの役割の人が関わっています。
モノの流れには、郵便物や商品の配達、生産品の納品など、ありとあらゆる流通ルートがあります。
特に現代ではインターネットが発達し、ネット通販による流通も盛んです。
さらに安い配送料を掲げることで競争も激しく、どれだけ効率良く無駄なく輸送できるか等も課題になっています。

物が生産され、それを目的地まで運ぶことだけではなく「いつまでに運ぶか」というスケジュールを組むことも物流管理の仕事には含まれます。
発注者が工場に商品の納品を頼み、工場と連絡を取っていつまでにどこに納品するかという計画を綿密に立てます。
まずは納期をしっかりと守ることが重要なことですが、当然ミスがあってはいけません。
ある程度余裕を持った計画で、バランスを取って物流を管理するのがオペレーターなどの重要な仕事なのです。

もちろん同じ工場流通に関わる仕事でも、種類はたくさんあります。
物を運ぶということも重要な役割ですから、フォークリフトで製品を運んだり、整理したりすることも含まれます。
検品する人もいますし、配達する人もいるのです。
ただ商品を運ぶことだけではなく、それを生産するための材料を運ぶことも流通なのです。
材料は大きいものから小さいものまで、たった一つの商品を作るだけでも多くのものが使われています。
そんなすべての物の動きを把握しまとめるのが、物流管理の仕事です。

物流管理を行う人にはやはりコミュニケーションスキルも求められます。
製造業界の話であれば、顧客の要望をしっかりと聞きそして製造部門へ伝えますが、いかに納期を守り確実に納品するか考えながら動かなくてはなりません。
同時に複数の仕事も扱うこともあるわけですから、仕事の時間管理もやはりとても大切なポイントです。

物流管理は進化している

流通ルートの拡大、物流システムの発達なども相まって、より正確な物流管理が可能になっている側面もあります。
以前は連絡手段といえば電話くらいのものでしたが、今ではEメールやインターネットなどさまざまな手段が整っています。

物品を管理するものもコンピューターが担うことも時代の流れとともに多くなっていますし、コンピュータ自体も性能が目まぐるしく進化しています。
どの物品が今現在どこにあるのか、というのもデータ化され一目瞭然になっていたりします。
直接物流に携わらない消費者ですら、自宅のパソコンで注文した通販商品や、郵便物の配送状況がすぐに分かるという状況にもなっています。
一昔前とは明らかに配送品の流れが良く見えるようになって来ており、さらにいえば複雑になっているとも言えますが、そういった進化を続けるツールやシステムに対応できる人材が、物流管理のオペレーションの場には重要だと言えるでしょう。

システムの発達により物流業界も進化していますが、やはり人の手などアナログな部分はもちろん重要ですし排除することは出来ません。
特に気を付けなければならないトラブルは、やはり配送時の交通事故でしょう。
飛行機や船、またはトラックなどたくさんのルートがありますが、交通事故をゼロにすることは現時点では難しいでしょう。
コンピュータで確実に管理したとしても、トラブルは起こってしまうものです。
交通事故は最大限に注意をしなければならないことですが、その他のトラブルなど慌てずに毅然として対処出来る人物が物流管理には必要です。
しかしながら流通システムは確実に正確になって来ており、その時代とともに変わっていくシステムに乗っていくことが物流管理に関わる者にはとても大切なことです。

 

物流管理の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様