タグ一覧

フランチャイズオーナーとはどのような仕事か

フランチャイズオーナーとはどのような仕事をするのでしょうか。また、フランチャイズオーナーのメリット・デメリットとはどのようなものでしょうか。ここでは、フランチャイズオーナーの仕事についてご説明いたします。

 

独立支援制度のある企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

フランチャイズオーナーとは

街にたくさんあるコンビニやファミリーレストランといったお店は、その多くがFC契約をして営業をしているお店です。
このFC契約というのはフランチャイズ契約と呼ばれるもので、有名なコンビニなどの商標などを借りて商売を行い、その売上の中からロイヤリティーをフランチャイズ契約した会社に支払うシステムです。
フランチャイズオーナーとはそのフランチャイズ契約をしたお店の経営者のことを指し、つまりは大手企業の看板を借りつつ、自分の会社を経営している社長ということです。

商標などを借りているとはいえ、フランチャイズ契約したお店の経営に関しては実質的にフランチャイズオーナーが行うことになるので、売上が伸びるかどうかもフランチャイズオーナーの力量にかかっていると言えますし、お店が流行るかどうかもフランチャイズオーナーのビジョン次第といえます。

とはいえフランチャイズ契約のほとんどは、ある程度の知名度がある会社のフランチャイズ傘下に入ることになるので、全くの一からお店を始めるというよりも確実に集客を行うことが出来ますし、取り扱う商品などは全てその企業の開発したものを取り扱うことになるので、その点に関しても余計な労力などを必要とせず、効率的な経営ができるといえるでしょう。

フランチャイズオーナーのメリット・デメリット

フランチャイズオーナーになった場合、知名度により一定の売上を確保することが出来るということや、商品開発などは一切行う必要が無い、お店のレイアウトや工事などもフランチャイズ本社の指示に従い行えばよいといった具合に、自分でお店を立ち上げるよりもかなり楽にお店の経営に着手することが出来ます。
そのため経営が初めての場合でもフランチャイズオーナーになることが出来ますので、その点に関しては比較的簡単に自分のお店を持つことができるというメリットになります。

しかしデメリットも多く、フランチャイズ契約をするということはその企業の看板を背負ってお店を経営するということですので、自分のお店でのトラブルやクレームは、商標を借り受けている企業のイメージ悪化に直結してしまいます。
そのためお客様から直接企業本社にクレームなどが入った場合には、フランチャイズである店舗に対して本社からの厳しい叱責があると考えられます。
自分自信のオリジナルのお店であればトラブルやクレームは自分のお店で解決することも出来ますが、フランチャイズの場合は本社である企業の不利益に繋がることがあるため、商標を借り受けているフランチャイズオーナーは常に細心の注意を払う必要があります。

また、フランチャイズ契約をしてフランチャイズオーナーになる場合、知識や経験が無くてもオーナーになることが出来ますが、それはフランチャイズ契約した企業に縛られるということを意味しています。
基本的にお店で扱う商品は企業から提供されたもの以外は扱いが出来ませんし、使用するPOPや陳列棚なども厳しく決められているので自由にレイアウトを変えるとか、勝手にお店の印象を変えてしまうということはできません。

簡単に店舗を持てるとはいえ、フランチャイズ契約時にはそれなりの費用が必要となりますので、費用面のでの負担も考えておかないとフランチャイズ契約をしてフランチャイズオーナーになったまでは良かったが、その後の企業からの縛りに耐えられないとか、初期投資費用が重くのしかかるということも考えられます。
誰でもフランチャイズオーナーになれるチャンスはありますが、その反面デメリットも大きいということを理解しておく必要があります。

 

独立支援制度のある企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様