タグ一覧

IT系ベンチャー企業とは?転職時のメリット・デメリット

大企業からベンチャーへの転職の候補として、IT系ベンチャー企業を選択肢に含める方も多いと思います。今回は、IT系ベンチャーとは何なのかからIT系ベンチャーのメリットとデメリットを調査しました。

 

ITベンチャーの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

IT系ベンチャー企業の概要について

独自の技術により急成長を遂げている企業がベンチャー企業であり、新進気鋭の企業が該当することになります。
つまり大手であったり古参の企業はこれに該当せず、創業して間もない企業がベンチャー企業ということになります。
そしてIT業界を見回してみますと業界自体が新しいこともあり、比較的ベンチャー企業と称される会社が多いとされているのです。
もちろん一口にベンチャー企業といいましても該当する会社には様々な状況があり、設立直後の会社や設立から数年を経てさらに規模の拡大を目指している会社などが存在しているのであります。
また分裂や吸収を繰り返しながら変化する企業も多数存在しておりますので、この業界に飛び込もうと考える場合には最新の情報収集を欠かさないようにしなければならないとされています。
それからIT系の職種についてなのですが、おおまかに3分類されるのであります。
その3分類とは営業職とエンジニアおよびWeb系であり、それぞれに特徴を有しているのですが、代表格となるのはエンジニアであり高収入を望むことができるとされているのです。

IT系ベンチャー企業に勤めることのメリットについて

ベンチャー企業全般に言えることなのですが、大手企業と比較した場合に社員数が圧倒的に少ない状況となりますので、基本的には即戦力が重要視されることになります。
つまりそれだけ大きな仕事やプロジェクトに参加することができることになりますので、仕事に対するやりがいを感じることができるということになります。
大手企業では何年も下積みを経なければ任せてもらえないようなプロジェクトに、すぐ参加することができるということは前向きな人にとりまして大きなメリットであると考えることができます。
それからベンチャー企業ならではのメリットとされているのは会社の急成長を目の当たりにすることができる点であり、円熟期にあるような会社では体感できない満足感を得ることができるとされています。
また急成長の過程を肌で感じることにより様々な刺激を受けることとなりますので、自分自身も人間的に急成長することができるとされているのであります。
そしてさらなるメリットとして考えられているのは少数精鋭のベンチャー企業ならではのものとされているのですが、直接経営者の下で働くことが出来る点なのであります。
これは大企業では不可能に近いとされているのですがベンチャー企業におきましては良くあることであり、有能なトップの経営哲学を直接吸収することができるのであります。
この事は将来自分が起業しようと考える時に大変役立つとされており、ベンチャーに対する考え方をしっかり学ぶことができるのであります。

IT系ベンチャー企業に勤めることのデメリットについて

デメリットとして報告されているのは給与面であるとされており、必ずしも満足できるレベルにはないのであります。
これはベンチャー企業ならではの理由があるのですが、業績の安定性を欠く場合には人件費を確保することが非常に困難であり、当面のあいだ高収入を望むことが難しい企業が存在しているのです。
もちろんその企業が急成長を遂げたのちに安定的な業績となれば、連動する形で収入がアップすることになりますので、このデメリット部分に関してはある程度理解する必要があるのです。
それからベンチャー企業は少数精鋭で仕事に取り組むことになりますので、必ずしも自分がやりたい仕事を任せてもらえない可能性があります。
また自分の有しているポテンシャル以上の仕事を任されることもあり、責任感に押しつぶされてしまう可能性もあるのです。
この部分はデメリットとして報告されているのですが、前向きに考えれば自分の能力を経営者にアピールする大きなチャンスであるとも考えることができますので、常にポジティブシンキングで仕事に取り組みたいものであります。

 

ITベンチャーの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様