タグ一覧

ベンチャーへの転職はベンチャーキャピタル投資の有無をチェックしよう

ベンチャー企業への転職で不安な要素である金銭面。ベンチャーキャピタルからの出資を受けていれば短期的には金銭面の不安は払拭できそうです。ベンチャーのステージ毎の特徴と、ベンチャーキャピタルの一覧を記載したので、もしベンチャー企業への転職をお考えの際は、ベンチャーキャピタルの投資先も参考にしてみて下さい。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

ベンチャー企業へ転職する前に確認する事

ベンチャーは、裁量権の多さ、新しい仕事へのチャレンジ、仕事のスピード感等、大手では体験できない様々な経験を積む事ができます。
しかしベンチャー企業へ転職する時に心配なのは、やっぱり収入の事です。
経営ビジョンや事業内容は面白そうで凄く興味があるけど、やっぱり不安…。
そんな方も多いのではないでしょうか。
そんな時には興味のある業界や業種のベンチャー企業が資金調達を済ましているかをチェックしてみましょう。

ベンチャー企業の資金調達と使途

殆どのベンチャー企業はIPO(株式公開)かバイアウト(企業買収)を目標にしています。
そのため、ベンチャー企業が資金調達をする主な理由は、成長資金の確保です。
ベンチャー企業が成長する為に必要な資金の資金調達方法は主に3つです

企業ステージにより若干変わりますが、ベンチャー企業が資金調達後の資金の使途は人材の確保を目的の一部としています。

ベンチャー企業への転職を考えており金銭面で一歩踏み出せないでいる人は、ベンチャーキャピタルから資金調達を行った企業を探してみるのがよい方法です。

シード・アーリーステージのベンチャー企業への転職

会社設立前の準備期(サービスのプロトタイプ・企画段階の企業)を指すステージです。
会社設立直後(アーリーステージ)の最初期を指す場合もあります。
多くのスタートアップは、まずこのラウンドの資金を調達することからスタートするパターンが多いです。
調達した資金の多くは 、創業者たちの生活費として使用されます。
最低限のコストで開発を継続するための資金調達と位置づけられることも多いです。
出来るだけコストを抑え、高速でβ版のPDCAを回しリリースすることが求められます。
売上もない状態の為、資金的余裕はありません。
こういった会社に転職をしたい場合は、アクセレレーター・インキュベーターの投資先をチェックしてみましょう。

 

アクセレレーター・インキュベーター

 

ミドルステージ以降のベンチャーへ転職

ミドルステージは事業が軌道に乗り始め、成長しつつある時期の企業ステージです。
ミドルステージは事業が安定して利益を上げ、さらに成長を始めるステージです。
更なる成長が求められるため、事業規模の拡大や市場開拓などのために社員数が急激に増え始めます。
ミドルステージの企業は、比較的コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)や事業会社・独立系ベンチャーキャピタルからの出資が多い傾向がありました。
参考記事:ひとり総研(03_2014年上半期のスタートアップファイナンスまとめ(国内版))

 

コーポレートベンチャーキャピタル(事業会社系)

 

 

独立系ベンチャーキャピタル

 

レイターステージ以降のベンチャー企業へ転職

レイターステージは事業が軌道に乗り、安定して成長し収益化が実現されたステージです。
ベンチャー企業の成長ステージの中で最終段階に位置づけられ、成長から成熟に移行しはじめ、ある意味ベンチャー企業でなくなる段階、つまりIPO(株式公開)の準備が開始される段階です。
レイターステージは、金融系及び政府系からの出資が多いです。

金融系ベンチャーキャピタル

政府系ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルの投資先からも、将来有望で活き活きと働ける転職先を見つける事もできます。
是非、求人サイトの情報だけでなく能動的な転職活動に役立てていただければと思います。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様