タグ一覧

転職時には正社員を目指すほうがいい?

仕事内容は魅力的で、まさに自分がやりたいと思っていたことだけど、正社員じゃないのがネック。こういうケースは少なくないと思います。仕事を取るか、身分を取るか。転職後の働き方について考えてみましょう。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

なぜ転職したいのかを考える

近年、人の仕事に対する価値観は多様化し、働き方そのものが大きく変わりました。
高度経済成長期を支えていたと言える終身雇用・年功序列の日本型雇用慣行は時代に馴染まなくなり、今や人材が流動するのが当たり前となっています。
転職を志す理由は人それぞれ違うと思いますが、まずは自らの将来設計について考えてみるべきではないでしょうか。
転職動機として、現在の待遇・処遇への不満が最大の理由であり、より高く自分を評価してくれる企業に転職したいという場合、やはり正社員での転職を目指すことになると思います。
一方で「やりたいことが明確にあり、それが可能な環境に移りたい」「将来の起業を目指し、ベンチャーで経験を積みたい」など、将来設計が明確にある場合は会社の規模、雇用形態などはそれほど大きな問題ではないと思われます。
まずは自分の将来設計、ビジョンがどれだけ明確であるかを考え、ベストな働き方を選択すべきではないでしょうか。

本当にやりたいことならやるべし

正社員であるかどうかに拘るのは、金銭・精神的な安定を守りたいという意識の現れです。
大手企業とベンチャーを比較してみた時、待遇や環境などは圧倒的に大手企業のほうがよいと言えます。
ベンチャーを志す人は、やりたいことができる環境、与えられる裁量の大きさ、企業成長への貢献度の高さなどを重視しています。
どれだけ給与水準が下がろうと、どれだけプライベートの時間が削られようと自分がやりたいことができる環境であることが第一なのだと思います。

転職を考えているという方へ

あなたが転職したいと考える理由は何でしょう? やりたいことをやるために転職をしたいというのであれば、重要なのはそれができる環境であるかどうかです。
正社員という身分と、自分が求める環境とどちらを選ぶべきかと言えば答えは後者のはず。
チャレンジせずに後悔するよりも、チャレンジして失敗するほうが何倍も価値があるとよく言われます。
5年後、10年後の自分を考えた時、「やりたいことをやる」という選択をしなかったことがどんな結果をもたらすかを考えてみてください。

ただし、収入が大幅に減少するにも関わらず、自分がやりたいことに挑戦するためには周囲の人に納得してもらうことも必要でしょう。
もしご家族を養う立場にある人が、自分がやりたいことを優先したために家賃などが払えなくなってしまっては本末転倒です。
そのためにも、まずは将来設計を明確にし、それに伴うリスクとリカバリー策をご家族と共有し、納得してもらって上で挑戦するのがベストでしょう。

雇用形態の違い

では雇用形態の違いによるメリット・デメリットはなんなのでしょうか?

正社員

正社員(せいしゃいん)は、一般的には正規雇用で企業に雇われた労働者の事。
正規社員ともいわれる。

契約社員

派遣社員

派遣会社が雇っている従業員が企業や官公庁に派遣されて業務を処理する形態

業務委託

個人事業主や会社として、業務を請け負う携帯

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様