タグ一覧

転職時に相談すべき人と、会社の悩みを相談すべき人は違う理由

転職について悩んでいるけれど、誰に相談すべきかわからない。最終的には自分で結論を出すしかないのはわかっているけれど、その判断材料となるアドバイスをしてくれる人が欲しい。こんな時、相談すべき相手についてお話しします。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

転職時の相談相手として避けたほうがよい人

悩みごとを相談する相手としてまず考えられるのは、親、兄弟、配偶者など自分にとって身近な存在の人。
しかし、一般論として身近な存在であればあるほど相手に対しての感情移入が強くなり、意見を押し付ける傾向があると言われています。
転職についての相談をするには適さないと言えるでしょう。
しかし、会社や仕事での悩みであれば業界や業種が違っても共通する事項は数多くあり、様々な角度から悩みを見ることにつながり良い結果がでます。
転職時の相談相手としてもっとも相談したい相手と考えるのは、会社の同期や先輩などではないでしょうか。
同じ環境で働き、仕事のことなど社会人としての自分を知ってくれている。
だからこそ話しやすいと思うのでしょう。
しかし、会社の同期や先輩も転職について相談する相手としては適さないと言えます。
なぜなら、あなたが相談したいのは転職後の未来についてのことだからです。
会社の同期や先輩はあなたの未来のことなどわかるはずはなく、転職先についても知っている情報はあなたとそれほど変わらないのです。
また、社内の人間に転職の意思があることをうっかり話してしまうと、それが拡散してしまう恐れもあります。
そうした噂が広まると人事上悪い影響が出る可能性もあるので、社内の人間は相談する相手としてとしては適さないと思われます。

相談相手の理想は社外のロールモデルとなる先輩

相談相手としての理想は、社外にいて転職先の業界についてよく知っており、あなたより豊富なキャリアを持つ人です。
業界動向や転職先の業界での位置づけ、評判などについて詳しい情報を持っているはずですし、あなたの転職に対する客観的なアドバイスを得ることができるはずです。
また転職後のキャリア構築など、その業界にいる人にしかわからないこともあるはずです。
さらに理想を言えば、将来目指すべきロールモデルとなる先輩であればなおベスト。
大学時代のサークル・ゼミの先輩や仕事で築いた人脈の中から、「この人」と言える相手が見つけられたら言うことはありません。
仮にそういう人が見当たらないという場合は、転職先の業界にいる友人や知人などから紹介を受けるようにすればよいと思います。
転職を考える時人はどうしても視野狭窄になりがちであり、それは誤った選択をする可能性を高くします。
最終的な判断をするのは自分。
これからどんな未来が待っていようと「あの時の自分の選択は正しかった」と言えるように、正しい相手から適切なアドバイスを受けることが大切です。

 

転職時に相談すべき人

 

会社の悩みを相談すべき人

ただし間違った選択をしたとしても、その意思決定で体験した事は無駄にはなりません。
交流会や友人の紹介等を通してロールモデルとの繋がりを持ち、正しい選択ができる事を願っています。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様