タグ一覧

コンサルタントに転職するために必要なこと

コンサルタントの役割とは、企業・行政などクライアントの現状を観察し、問題点を抽出。その原因を分析し解決策を提案して改善に導いていくことです。経営の根幹にアプローチする仕事であり、幅広い専門知識と高い能力が求められます。では具体的にコンサルタントとして必要な資質・能力とは何かを考えてみましょう。

 

コンサルタントの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

コンサルタントとして不可欠な3つの資質

コンサルタントという仕事の性質上、欠いてはならない資質があります。

①論理的思考力

論理的思考力はコンサルタントとしての必須要件です。
他の能力にどれだけ秀れていたとしても、ロジカルに物事を考える力がないとコンサルティングは不可能です。
コンサルタントの仕事はすべてが論理的思考のもとに成り立つと言ってよく、業務の設計はもちろん提出する資料、議事録、連絡のメールに至るまで完璧であることが求められるのです。

②コミュニケーションスキル

コンサルティングのゴールは、クライアントが提案を実行し課題が解決された時。
どれだけ良い提案をしたと自負しても、実行され成果が出なければ意味がありません。
コンサルティングとは人と関わり人を動かす仕事です。
コンサルティングはチームで行うものでもあります。
協調性、チームワークが重要となりますが、コンサルタントとしてのコミュニケーションは、一般的に言われるコミュニケーションとは違います。
コンサルタントとして求められるコミュニケーション力の例

このように、単に人間関係を円滑に進めるだけのものではないということなのです。

③プロフェッショナルとしてのマインド

コンサルタントには高いレベルの倫理観と強い責任感が求められます。
単にクライアントの要求に応えるだけでは不十分であり、期待を超える付加価値を提供しなければならないのがコンサルタント。
簡単には妥協しない高い価値観を持ち、クライアントの成功を心から願い仕事に没頭しなければならないのです。

コンサルタントとして成功するための要素

3つの資質とはあくまで基礎的な条件であり、コンサルタントとして成功を収めるためにはさらにいくつかの要素が必要となってきます。

身体と頭脳の体力

コンサルタントは想像以上に激務です。
クライアントの厳しい要求や納期などプレッシャーも強く、それに負けない体力は重要な要素です。
考えて、考えて、考え抜くことができる知的体力も欠かせません。

コミットメントする力

クライアントの理念、課題を自分の問題として捉え、クライアントの成功というゴールに向けて仕事に没頭する姿勢がなければコンサルタントは務まりません。
「本当はコンサルタント以外に自分にはやりたいことがある」という方だと、いずれコンサルタントの仕事は辛くなってしまうでしょう。

発想の転換

コンサルティングの過程においては、どうしても答えが見つからないという状況が起こることがあります。
そうした場面では、時に開き直ることも必要です。
柔軟な発想を持つこともコンサルタントとして重要な要素と言えます。

 

コンサルタントの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様