タグ一覧

仕事ができない人に仕事を覚えてもらうコツ

人に仕事を教えることは難しいものです。特に、仕事ができない人に仕事を覚えてもらう場合はなおさらです。教える側としては、単に説明をするのではなく、いくつかのポイントを知っておくことが重要となります。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

教える側も辛い…

「あの人いつまでたっても仕事ができないな…」こういう人は会社の中に必ず1人はいるものです。
自覚しているかいないかはともかく、自分なりに一生懸命取り組んでいる人なら「教えてやるか!」という気持ちにもなりますよね。
しかし、最初から仕事に対してやる気がない人には、教える側としても教える気になりづらいものです。
かといって、放置するわけにもいかない…。
ここが教える側の立場として辛いところなのです。
やる気がない人・何度言っても覚えようとしない人にも、仕事を覚えてもらわなければなりません。
でなければ、職場並びに会社全体にマイナス影響が及んでしまいます。

仕事を教えるコツ【5つ】

ということで、ここではそんな辛い立場にある“教える側”の人たちを救うための、「仕事ができない人に仕事を覚えてもらうコツ」をいくつか紹介します。
難しいスキルや資格が必要な方法ではなく、明日から実践できるものばかりですので、是非参考にされてください。

教える内容を細かく分ける

一度にすべてまとめて教えた方が早いのは当然のことですが、相手にとっては細かく段階的に覚えた方が頭に入りやすいということもあります。
また、分かりやすく流れで説明しようとしても、1つひとつの言葉の意味や仕事そのものの意味が理解できていなければ、覚えるのは困難です。
まずは、10教えることがあったとすればそのうちの3だけを覚えてもらうことから始めましょう。
そしてそれでも吸収できない人には、その3をさらに細かく分けて1ずつ覚えてもらうのも方法でしょう。

具体的な状況に沿って教える

「百聞は一見に如かず」ということわざがあります。
色々と口で説明するよりも、実際に自分がやってみせて教える方法も有効です。
その際は、正解ばかりを教えるのではなく、「この部分は最初はこうやってしまいがちだから気を付けて。
」と間違いの例も紹介するといいでしょう。
ワード・エクセルなどによる書類の作成や、クレーム対応時の応対の仕方などは、実際の仕事を通して教えやすい業務かもしれません。

相手が覚えやすい方法を探す

世の中には、理系脳・文系脳、右脳型・左脳型、といったように、人によって物事の感じ方や受け取り方が異なります。
これはつまり、“人によって覚えやすい方法も異なる”ということです。
順を追った論理的な説明が理解しやすい人もいれば、図や絵で教えてもらった方が理解しやすい人もいます。
中には、自分で集中して説明書やマニュアルを読むことが一番覚えやすい、という人もいるでしょう。
教える内容が同じでも、これらのように教え方に工夫を凝らしてみることもコツの1つです。

自分の言葉使いや態度を見直す

自分では意識していないうちに言葉が荒っぽくなったり、表情が険しくなったりしていないでしょうか?相手に覚える気があっても、教える側が不機嫌な感じだと、緊張で頭に入り辛くなってしまうこともあります。
極端に優しく笑顔で接する必要はありませんが、プレッシャーを与えない程度に言葉や表情を意識することが大切です。
優しい雰囲気を持っていると、相手も質問をしやすくなるというメリットもあります。

メモや付箋を使う

書いて覚えることは非常に有効な手段です。
すべてを記録させる必要はありません。
「ここ大事だからメモしておいて」「覚えづらかったらデスクに付箋を貼っておいたらいいよ」などと、ポイントごとにアドバイスをするといいでしょう。
少しおせっかいが過ぎるかもしれませんが、どうしても覚えられない場合で職場全体に支障をきたす場合などは、ポイントをまとめたメモ書きをあげることも手段の1つです。
ただし、基本的には自分で成長してもらわなければならないので、世話の焼き過ぎには注意です。
以上、「仕事ができない人に仕事を覚えてもらうコツ」について5つの方法を紹介しました。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様