タグ一覧

NGOとはどのような活動をしているのか

NGOは、Non-governmental Organizationの略で、日本語では「非政府組織」と言います。「政府に非(あら)ざる組織」というと何だか怪しいイメージがありますが、NGOは世界中で活躍しているれっきとした民間団体です。 ここでは、NGOの定義や詳しい活動内容、働くポイントなどについて紹介します。

 

NGO関連の求人情報をお探しの方はこちらをチェック

 

NGOとは

国際協力NGOセンターによると、NGOの定義は

貧困、飢餓、環境など、世界的な問題に対して、政府や国際機関とは違う " 民間 " の立場から、国境や民族、宗教の壁を越え、利益を目的とせずにこれらの問題に取り組む団体

です。
世界規模の諸問題は通常、国連や国同士の連携で行われます。

しかし、国と国同士では外交や経済的な問題が絡んでくるため、どうしてもどちらかの利益を優先したり守ったりする姿勢になりがちです。

また組織というものは大きくなればなるほど、アクティブに動きづらくなる傾向にあります。

そこで、国(政府)に属さないことでそうした利害対立などのデメリットが少ないNGOの活躍が期待されているのです。


名称が似ていることでNPO(非営利組織)と混同されることがありますが、両者には法人への登録制度があるか否か、という違いがあります。

NPOは一定の条件を満たせば「NPO法人」として、会社として活動できるのに対して、NGOは基本的には、民間の任意団体という位置づけにとどまります。

しかし、法人でないからと言って「団体としてのレベルが低い」とか「信用性が薄い」ことは決してありません。

法人格を持たないNGOでも実績を残している団体はたくさんあります。
また法人として活動しているNGOもたくさんあります。

それらの団体は次のような形で活動をしています。

NPOとNGOは、「政府に属さないが公益性を持って活動する民間の団体」という立場は共通しているので、法人登録制度以外はほとんど違いがない、という考え方もあります。

NGOの活動内容

活動内容は、大きく分けると開発・環境・人権・平和の4つです。

具体的な形態としては次のようなものです。

日本国内では特に、教育、保健医療、職業訓練、ジェンダー、復興支援などの活動が盛んに行われています。

また非政府組織ではありますが、国とは密接に協力関係を保ちながら活動している団体も多くあります。

NPOにも言えることですが、NGOは社会性・公益性の高い活動であることから、双方に情報提供や提言をしながら活動の質を相乗的に高めていくことが大切だからです。

NGOの活動の特徴は、もちろん一定の応募条件はありますが、国籍や立場を問わず世界中の志望者が活動に参加できる点にもあります。
たとえば途上国で活躍する「国境なき医師団」は有名な例でしょう。

日本に本部を置いているNGOもたくさんあり、医療、児童教育、難民、貧困、人権など様々な分野で活躍しています。

NGOで働くには

「何でもいいから国際協力がしたい」という理由だけではNGOの仕事は務まらないかもしれません。

今でこそ大規模な団体ではありますが、特に日本では、元々慈善活動の側面が強い組織であったため、福利厚生は決して充実しているとは言えません。

事実、5人以上の有給スタッフを抱えている国内のNGO団体は全体の約半分に満たないというのが現状です(参考:関西NGO協議会ホームページ「NGOの就職状況を教えてください。
」より)。

また何よりも、実務的で即戦力となるスキルを持っている人が集まっている組織です。

新卒の就職や経験が浅いうちからの転職を支援する窓口や新人教育のシステムが、十分に整備されていないという実情があります。

ここで挙げた、NGOが行っているような活動に近い仕事をしている会社・組織・団体は国内外問わずたくさんあります。

将来的に国際貢献や社会貢献、海外と関わりのある仕事がしたいと考えている人は、NGOにこだわらず様々な手段を検討してみることをお勧めします。

 

NGO関連の求人情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様