タグ一覧

経理の仕事とは

経理の仕事は専門的な知識が必要ではありますが、特別な資格やスキルが求められることは多くありません。会社のお金の流れを管理する事務的な業務が中心なので、仕事の流れをつかみ経験を積めば長く続けられる仕事と言えます。 しかし中には簿記や会計に関する高い専門知識が必須として要求される場合や、会社の規模や業種によって仕事内容が異なる場合もあります。ここでは経理のこうした特徴も踏まえながら、仕事内容について詳しく説明していきます。

 

経理の求人情報

 

経理の仕事内容

会社では常に様々な形でお金が動いており、誰かがそれを見やすいように整理しなければなりません。
その役割を担っているのが経理であり、つまり会社のお金の流れを管理している部門です。
具体的な仕事内容としては以下のようなものです。

経理は目に見える細かいお金から資産や売上金、資本金、社債といった桁の大きなお金まで、すべてを管理します。
会社によっては経理の他に財務部門が専門に置かれている場合もあり、これらの業務が細分化されているところもあります。
また必要に応じて、法人専門の税理士や公認会計士らと会社のお金の動きが円滑に循環するように相談しながら業務を進めていきます。

このようにたくさんの業務がありますが、どれも突発的に生じる業務というよりも日々のサイクルの中で作業的に行われるものです。
しかし1つの計算、記載ミスが会社の利益損失や取引先からの信用損失につながることもあるので、責任は大きな仕事です。
日々の業務を通して、会社のお金の流れが見えるので、会社を支えているという実感は身近に感じられる業務と言えます。

経理の仕事の流れ

経理の仕事はルーティンワークとも言えます。
それは、日・月・年の単位で業務の内容を分けることができます。
それぞれ見ていきましょう。

日単位の業務

1日の中で会社で起こる取引や経費の動きを管理します。
出張費や備品購入にかかるお金の管理、仕訳、帳簿への記録、伝票や書類の入力管理、請求書・領収書の作成と回収、といった業務です。
会社の規模が大きくなると、仕入れや出荷などにかかる売上管理や、取引先の与信管理といった業務も経理が行うこともあります。


月単位の業務

給与や保険料の計算と支払い、取引先にかかるお金の精算、月次決算などが主な業務です。
1か月間に動く、会社のお金の流れをチェックし整理するという内容がほとんどです。
また仕分けや計算にミスがなかったかを確認することも、月末の大切な業務となります。

年単位の業務

お金の管理をまとめるための決算をする業務です。
具体的には、年次決算書や有価証券報告書にかかわる資料の作成、減価償却費の計算、税務申告、会計監査への対応、給与・保険料の計算、源泉徴収管理などがあります。
特に年末か年度末にはこうした業務の量が増えるため、経理の仕事の繁忙期は12月~4月の間である会社が多いようです。

経理のやりがい

今やほとんどの会社では、計算や仕訳の作成は専門の会計ソフトで行われることが多いようです。
1つの項目に必要事項を入力すれば、自動でその他の帳簿も連動して書き加えられるのでミスが少なくなるというメリットがあります。
だからと言って日々作業的に取り組む人と、自分も会社の経営に参画していると意識しながら働いている人とでは、やはりやりがいの感じ方も違うでしょう。

専門的な知識と経験を持っていれば、経営者や上司らから現状の経営の課題や改善案などについて尋ねられることもあります。
こうした「積極性のある会計としての業務」にも関わっていきたい人は、専門的な知識とスキルを持つことを証明できる簿記1級や公認会計士といった資格を取得することをおすすめします。

経理についてもっと調べる

経理の仕事とは
経理の年収とは

 

経理の求人情報

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様