タグ一覧

部下への仕事の教え方

仕事の教え方は重要です。部下への正しい仕事の教え方を上司として理解していることは、会社のあらゆるところにメリットを生じさせます。ここでは、教え方・メリットについて紹介しています。

 

マネージャー職の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

部下に仕事を正しく教えることのメリット

冒頭で、部下に仕事を正しく教えることは、会社のあらゆるところにメリットが生じます。
具体的にはどのようなメリットでしょうか。
さっそく、いくつか挙げてみます。

これら4つが主なメリットです。
正しい教えの元で部下が成長することは、当然、業務の効率化やモチベーション向上の理由となり、会社そのものの利益につながります。
また、教える側として、「何が正しい教え方か」を深く検討することによって、これまでの自分の仕事方法を内省する機会になり、自分自身の成長にもつながることになります。
さらに、一度正しい教え方を身に付けることができれば、上司として、また、部下の間でもそのノウハウを共有できるきっかけとなり、相乗的に“正しい教え方”は広がっていきます。

3つの正しい部下への仕事の教え方

さて、正しい仕事の教え方の必要性が理解できたところで、本題である、「部下への正しい仕事の教え方」の具体的なノウハウについて見ていきましょう。
部下を持つ人、これから部下を持つ予定の人に参考にしていただければ幸いです。

教える内容について熟知する

人に仕事を教えるためには、自分自身がそのことについて徹底的に理解していなければなりません。
教えている最中に、「ところで、なぜここはこうなのですか?」と部下から質問されたときに、こちらが曖昧な返答をしてしまうと部下の混乱を招きます。
何を尋ねられてもいいように、あらかじめ教える内容を体系化して、自分の中に理論として落とし込んでおく必要があります。
質問にまった返答できないようなことになると、部下の成長のためにならないばかりか、上司としての信用も失ってしまいかねません。

双方向的なやりとりを心がける

教える側によくありがちなのは、ついこちらから一方的に話しすぎてしまうスタンスで接してしまうことです。
自分の持っている知識や技術を“相手に言葉で伝えるだけ”が正しい教え方だとすれば、わざわざ時間をさいて教えなくても、マニュアルなどを作っておけば済む話でしょう。
部下の頭にしっかりと身に付けさせるためには、一方的でない、双方向的なやり取りをしながら教えていくことがポイントとなります。
1つ教えたら質問して理解度を確認後、また1つ教える…という感じです。
時間がかかる場合もあるかもしれませんが、部下の習熟度は確実に高まるはずです。

目で覚えさせる

実際に目で見て学ぶことが得意な部下もいます。
そのため、実際に自分が教える仕事を部下の目の前でやって見せたり、具体的な例を見せたりしながら教えると効果的な場合もあります。
この教え方ですでに広く実践されている例としては、「営業の同行」でしょう。
同行は、部下の顔を顧客に覚えさせるためだけのものでありません。
挨拶やプレゼンの技術、商品説明の方法などを実際に目の前で部下に覚えてもらうための場でもあるのです。
会社によっては、同行なしで、いきなり顧客のもとへ飛び込ませるところもあるようです。
しかし、こうした「全部自分で学んで来い!」という根性論的、精神論的な教え方は、会社にとっても顧客にとってもデメリットしかないので、“正しい”とは言えません。

まとめ

いかがでしたか。
どの方法も、特に難しい技術が必要な教え方ではありません。
ただし、人間の個性は千差万別。
この通り実践しても、100%結果につながるわけではありません。
また、業種や職種によっては、別の方法がベターだと考える人もいるでしょう。
いずれにしても、教え方のノウハウを共有し、改善点を検討しながら「真に正しい教え方」に近づけていくのも、企業努力として求められる要素です。

 

マネージャー職の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様