タグ一覧

営業企画に向いている人

営業企画は会社の営業部門の活動をサポートすることが主な業務です。ですので、営業に関する専門的な知識はもちろん、他にも様々な知識・スキルが求められることになります。営業企画として働く上で求められる知識やスキルを説明しながら、営業企画に向いている人の特徴を紹介します。

 

営業企画の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

調査・分析力

説得力を持って営業の仕事をサポートするためには、精神論や小手先の営業スキルを詰め込むだけでは十分ではありません。
顧客のニーズや業界の動向を調査・分析して、目に見える数字で示せるような情報から戦略を立案し、提供する必要があります。
営業部門が成果を出せる確率を上げるためには、より詳細で具体的なデータが必要になるからです。

このように営業企画の業務は、コンサルティングやマーケティングといった業務と重なっている部分があるのが特徴です。
コツコツと情報を調査・分析できるリサーチ力や集中力、数字やグラフを正確に読み解く力などを持っている人は向いていると言えます。

企画力

どれだけ正確で質の高い情報を収集することができたとしても、それらのデータを整理して体系化しわかりやすい企画書として具現化できなければ、自己満足に終わってしまいます。
斬新なアイデアやこれまでのやり方を覆すような企画・提案は、相手に正確に伝わらず、確実に実行できなければ諸刃の剣となり利益を損ねる要因にもなりかねません。

また、企画書を作る際には、現状の問題や課題がどこにあるかを把握し、具体的な改善点を提案することも非常に大切です。
たとえば、「以前までは円滑に取引をしていた顧客からの商品発注数が減ってきた」という課題に対しては、まず営業が直接出向いて探ります。
そして営業企画は、同時並行的にその情報のやり取りをしながら、価格を下げる、代替商品を提案する、クレーム・不満を解消するといった原因に応じた解決策を見出さねばなりません。

高いコミュニケーション力

ビジネス求められるコミュニケーション力とは、ただ単に相手と仲良くなれる力ではありません。
こちらの意見を正確に伝えながら相手の意見にも耳を傾け、課題や事案について検討し、それを昇華していくために必要な力のことです。
営業企画と営業の関係性を高いレベルに上げていくためには、こうしたビジネスにおけるコミュニケーションを通した相互の関係が欠かせません。

時には、データや企画といった資料で行うサポートだけでなく、相手の人柄にも興味を持ち、それに合わせた柔軟で包括的なサポートが行えるようにしていけるのが営業企画に求められる資質でもあります。
ですので、普段から「人を見る目がある」と言われているような人は向いていると言えるでしょう。

総合的なスキルが身に付く

ここまでの説明からもお分かりかと思いますが、営業企画の業務には職種横断的で総合的な社会人としてのビジネススキルが要求されます。
営業へのサポートが及ばず、成果(利益)が出なければ大きな責任を感じる仕事ではありますが、反対に少しずつでも経験を積み成果を出していくことができれば、どのような職種に就いてもそこで得たスキルを活かすことができるようになるはずです。

また自分の仕事が営業と会社の利益に結び付いたときの喜びはひとしおです。
それをやりがいに感じられる人は、営業企画に向いている何より代えがたい資質を持っていると言えるかもしれません。

まとめ

どんな仕事にも人によって向き・不向きはあるものです。
不向きなことであっても、「会社のために貢献したい」「自分の成長のために活かしたい」といったように高い意識を持って取り組み続けることで、その業務にやりがいを見出せるようになることもあります。

 

 

営業企画の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様