タグ一覧

労務の仕事とは

会社を健全な形で経営し続ける上で重要となるのが、社員の労働環境をしっかりと整えることです。どれだけ優秀な営業マンや技術者らがいても、働く環境が劣悪だと彼らは100%の能力が発揮できなかったり、社員同士の関係も希薄になり連携が滞ったりすることになります。

 

労務の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

労務の仕事とは

労働環境がきちんと整備されていないことは、会社の経営環境を悪化させることにつながります。
労務の主な仕事は、まさにそういった労働環境を根幹から管理し支える仕事です。
冒頭でも少し言いましたが、業務がこのような労働環境に関する内容であっても、会社によっては部署名が異なることもあります。
たとえば、人事や総務といったものが代表的です。

労務の業務内容

労務の業務のほとんどは事務的なものです。
営業や企画、マーケティングといった職種よりも経理や財務などに近い形態かもしれません。
また一般的な事務系の職種に比べて、専門的かつ幅の広い知識が求められるという特徴もあります。

具体的な業務内容は以下のようなものです。

これらを見てもお分かりかと思いますが、労務は会社の従業員を支える縁の下の力持ち的な存在と言えます。

給与や賞与の計算は経理などお金に関する部署が扱うこともありますが、保険や人事に関するデータは労務が管理していることがほとんどなので、多くの場合、労務の業務に含まれています。

従業員の健康管理維持のために、社内での健康診断を実施することも労務の重要な役割の1つです。
従業員が頻繁に病気で休んだり、従業員の持病や病歴などを健康状態を管理できていなかったりという状況は、労務管理が健全に機能している会社であるとは言えません。

また万が一のときに労災手当の支給手続きをしたり、それに関わる複雑な保険の手続きをしたりするには、普段から従業員の健康状態の管理をデータとしてしっかりと把握しておくことが大事です。
さらに人事の側面では、新入社員のための雇用保険、厚生年金への加入の手続き、労働組合との賃金を始めとした待遇に関する交渉などがあります。

特に保険の手続きが疎かになると、社員が定年などで会社を離れた後の人生にも影響するので、非常に責任の大きな業務と言えます。
このように専門的なスキルと幅広い知識が求められるため、社会保険労務士や給与計算士と言った資格取得に積極的に挑戦し、不断に成長する努力が求められます。
特に法律やコンプライアンスの移り変わりが激しい現代では、その必要性と労務という業務の重要性はますます強まっていくでしょう。

労務の重要性を意識する

就活生や転職を考えている人で、会社の労働環境に関する仕事がしたいと考えている人はつい「人事」ばかりに注目しがちですが、労務も密接に関係している部署であることも知っておいてください。
また面接や説明会の質問の場があれば、自分が希望する部署だけでなく、労務(人事)がどのように機能しているかを積極的に尋ねてみることも大切です。
従業員を大切に扱っている会社かどうかを判断する大きな基準になります。

また社内に労務という部署がない会社で働いている人も、自分の仕事は必ず労務業務に支えられています。
それを意識すれば、部署間の連帯感も強まり仕事に対するモチベーションをあげるきっかけにもなるはずです。

 

 

労務の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様