タグ一覧

「仕事ができない」という劣等感は克服できるのか

日々仕事をしていると、「仕事ができないこと」を周りと比べてしまい劣等感を抱いてしまいがちです。さて、この劣等感というものは克服できるものなのでしょうか?

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

はじめに

「自分は仕事ができないダメなやつだ…」と、劣等感を抱きながら仕事をすることは、精神衛生上よくありません。
その負の気持ちが積極性や挑戦心を失くしたり、細かいミスが目立ったりするようになります。
つまり、劣等感を放置したままにするのではなく、克服し、プラスの力に変える必要があるのです。

劣等感を克服する5つの方法

では、その方法とは具体的にどんなものなのか。
ここでは5つの方法をご紹介します。

「隣の芝生はいつでも青い」ことを知る

人は、自分が持っていなくて他人が持っているものがあると、つい羨ましがってしまうものです。
普段から何事にも劣等感を持ちやすい人は、仕事においてもこうした傾向にあります。
自分できないことをすんなりとこなしている同僚の姿を見たり、巧みなコミュニケーションで上司から可愛がられている部下を見たり、という場面で「何で自分にはできないんだ…」と落ち込んだことは誰しもあるのではないでしょうか? しかし、それはいわゆる“ないものねだり”です。
自分にないところを相手が持っているのは、むしろ当然のことです。
その点を理解して、まずは自分は自分の庭(長所やスキル)を育てることに目を向けましょう。

劣等感を抱く対象を“目標”に変える

他人に対して劣等感を抱くと、無意識のうちにその相手に嫌悪感を抱いてしまうこともあります。
そして、相手が仕事で活躍していると、ますます劣等感を抱くことになり、そのスパイラルには終わりがありません。
そこで実践したいのが、その相手を“自分の目標に変える”という方法です。
相手が持っていて自分が持っていないものに劣等を感じるということは、つまり「自分もそれを持ちたい」とどこかで思っているということです。
自分が相手のどんな部分に興味があるのかを分析して、そのスキルを手に入れようと鍛えることも、劣等感をプラスに変える方法です。

劣等感を持っていることを嘆かない

劣等感を持っている人の中には、「そもそも劣等感を持っている自分がダメだ」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、人間として劣等感を持つことは当たり前のことなのです。
劣等感を持つからこそ、成長しようという気持ちも生まれます。
もっと広い視点から見れば、生物の成長は「相手より優位に立ちたい」「自分の弱点を克服したい」という望みから成り立っている部分もあります。
つまり、劣等感は人間としての“根源的な欲求の1つ”でもあるということです。
このことを知っていれば、それを抱くことに負い目を感じる必要はなくなるはずです。

圧倒的なスキルを身に付ける

「仕事ができない」と劣等感を持ち、ふさぎ込んでいる時間があるのなら、それを感じないくらいの仕事上のスキルをつける努力をしましょう。
それはオールマイティ(全能的な)スキルである必要はありません。
自分の得意な部分を生かして、他者と圧倒的に差が付けられるスキルを見つけ出すのです。
たとえば、報告書など資料作成の速さと正確さ、プレゼンや交渉の説得力、斬新なアイデア力、顧客への丁寧な対応力、などなど。
自分ならではの長所を最大限に伸ばすことができれば、仕事ができないことの劣等感は自ずと消え去っていくはずです。

自己中心的になる

世の中では、自己中心的な人というのは嫌われる対象にあります。
子どもの教育にも、「自分だけでなく皆のことを考えて行動しよう」という言葉が広く使われているほどです。
確かにこれは間違いではありませんが、仕事においては、時には自己中心的な考え方が必要になります。
ただし、ここで言う自己中心的とは、好き放題粗暴に振る舞うことではなく、「自分という存在だけに目を向けて仕事をする」ということです。
つまり、他人の性格的な長所や仕事上のスキルは“自分には今は関係ない”と割り切って、業務に集中するのです。
これを習慣づけることができれば、劣等感という存在そのものが、自分の中から消え去っていくでしょう。

おわりに

いかがでしたか? 「仕事ができない」という劣等感を持っている人は、是非これらの方法を実践して、自分に自信を持って仕事に取り組んでください。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様