転職も仕事の悩みも Roots & Vision



タグ一覧

バイヤーの年収とは

バイヤーの年収はどのくらいなのでしょうか。ひとくちにバイヤーと言ってもその働き方は1つではありません。なぜなら小売業を営む企業には、ほとんどのところにバイヤーが存在するからです。またその分、働く場所によって年収にも差があります。ここでは、比較的人気の高い業種であるアパレル・ファッション業界と百貨店業界で働くバイヤーの年収について見ていきます。

 

バイヤーの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

アパレル・ファッション業界の平均年収

年収の傾向

アパレル業界のバイヤーは、バイヤーとしては年収が低い位置づけにあります。
販売員として経験を積んだ後にバイヤーに昇格する人が多いですが、その場合の平均年収は年代別にみると以下のような感じです。

バイヤーの業界では低い位置づけにあると言いましたが、アパレル業界全体の職種(販売員や企画、デザイナー)の中で見れば比較的高い年収で、安定していると言えます。
たとえば販売員とバイヤーでは50~100万円の年収差があると言われ、昇給率もバイヤーの方が安定している傾向にあるようです。

年収をアップさせるためには

バイヤーの仕事は、ヒットしそうな商品をねらって国内外に買い付けに行き会社の利益に貢献することです。
そのため自分が取り組んだ仕事の成果が、売上や販売数といった具体的な数字で表れることになります。

アパレル・ファッション系バイヤーの年収をアップさせるにはどうすればいいのでしょうか。
バイヤーとしての年収をアップさせるには、「自分が買い付けた商品をヒットさせられるかどうか」にかかっています。

好成績を挙げれば、賞与やインセンティブといった形で還元され、年収がプラスになります。
商品が売れるほど会社の利益も上がるわけですから、当然でしょう。

百貨店業界の平均年収

年収の傾向

百貨店でバイヤーになるには、大卒の場合「総合職」として入社し、販売・接客などで経験を積んだのち、適性による人事や本人の希望などによって配属されるケースが一般的です。
消費者のニーズを把握したり、トレンドを敏感に察知するマーケット感覚を養うための期間が設けられます。

そんな百貨店のバイヤーの年収は、バイヤー全体の中では比較的高い方だと言えます。
年代別に見ると以下のような感じです。

厚生労働省が公表している賃金構造基本統計調査(平成27年)によると百貨店で働く店員の平均年収は、平均年齢42歳で約350万円となっています。
このことから見ても、バイヤーの年収は高い位置づけにあることがわかります。

さらに年収が上がる見込みがあるとすれば、商品をヒットさせるなどして成果を挙げることです。
また百貨店にもいろいろあり、都市部に近くお客や売り上げが多い店舗ほど年収も高い傾向にあるようです。
それだけ責任や役割も大きくなります。

大企業でバイヤーとして働くことのメリット

百貨店の大きな企業、店舗で働くメリットは福利厚生が充実していることでしょう。
小規模の小売りで働くバイヤーに比べると、賞与や有休、社員割引といった制度が充実しています。
また取り扱う商品が多いことから、絶えずバイヤーとしてのスキルアップの道が開けることもメリットかもしれません。

男女の年収の差

バイヤーの年収は働く場や年代によって大きな差があることがお分かりいただけたかと思います。
また、今は男性の方が平均年収が高い傾向にあるようです。
女性は結婚や出産で早期退職する割合が多いことが理由でしょう。

しかし、男女雇用均等化の制度充実や女性の社会進出が後押しし、将来的にその差は縮まっていくと思われます。

 

バイヤーの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP