タグ一覧

庶務になるには

会社で働く従業員を裏からバックアップする庶務という仕事。最近では事務や一般職と呼ばれることも多くなりました。では、会社で庶務になるには具体的にどのような手段があるのでしょうか。必要な学歴や、人それぞれに合わせた庶務になるためのステップなどについて詳しく見ていきます。

 

庶務の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

必要な学歴

庶務になるためには、高い偏差値の学校を出ていなければならない、専門性の高い学校を出ていなければならないということはほとんどありません。
また高卒程度として募集をしているところもあるので、大卒以外の方にもチャンスはあります。

例外として、規模の大きな企業は大卒程度の学力が求められることが多いです。
また外資系など海外と関わることが多い会社であれば、外国部学部卒や留学経験者に限定される場合もあります。
ですがあくまで例外ですので、学歴のみで「庶務になれない」ということはないので簡単に諦める必要はありません。

働く場を見つける

新卒の場合

新卒として一般企業や団体に入れば、庶務(事務)としての仕事をすることができます。
ここで注意したいのが、どんな業種・業態のところで働くかということです。
庶務の仕事は見つかったものの、会社がしている仕事の内容が自分と合わないものであったり、庶務として募集はしていたものの経理や営業といった業務も任さられたりする場合もあります。

後者は様々な仕事ができることで成長するきっかけにもなり得ますが、純粋に庶務(事務)の仕事に徹したいのであれば、選ぶ段階からしっかりとリサーチする必要があります。

転職(中途採用)の場合

転職で庶務の仕事に就くには、やはり前職は庶務(事務)である方が有利と言えます。
業種が違っても、パソコン操作や電話対応などのスキルには共通して活かせるものが多いためです。
同じ業種への転職であれば、未経験の人に比べると、なおさら採用の確率は上がるでしょう。

正社員で庶務として働く機会がなかった人でも、アルバイトやパートなどで事務の経験を積めばそのスキルを身に付けることができ、正社員としての転職につなげることができます。

必要なスキル

庶務になるには以下のようなスキルをあらかじめ備えておくと良いでしょう。

また転職や中途採用として即戦力となるためには、以下のようなスキルが求められます。

いずれの場合も庶務になるための必須条件というわけではありませんが、備えておけば庶務への道が近づくスキルであることは間違いありません。

庶務の現状

庶務を始めとした事務系の仕事に就きたいと考えている人は多いですが、希望者が多いということはライバルも多いということです。

ここで紹介した「なるための方法やスキル」を参考にして、自分に合った方法を見つけ、庶務になるための道をより有利に進めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
庶務になるためには、必ずしも決まった方法に限るわけではないことがお分かりいただけたかと思います。
冒頭でも言いましたが、庶務は近年、事務系の職種と名前が統合されているケースが多いです。

たとえば「事務」や「総務」として募集していても、業務は庶務の業務も含まれていることがあります。
庶務として働きたいと考えている人はそのことも意識しながら、まずは事務系全般の仕事を検討してみることをおすすめします。

 

庶務の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様