タグ一覧

労務になるには

会社を陰から支える労務という仕事に魅かれている人は少なくないはずです。自分の業務が従業員の労働環境の改善につながり、それが会社の利益を向上させることにつながったときの喜びは何よりやりがいに感じられるでしょう。ですがどれだけその能力や想いがある人でも、まずは労務という職に就かなければ始まりません。労務になるにはどのような手段があるのでしょうか。また労務として活躍するには何が必要なのでしょうか。

 

労務の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

人事異動

異動でなる場合は、自分が積極的に志望してもそれがストレートに叶うとは限らないので、ほぼ運やタイミング任せと言えるかもしれません。
アピールするためには営業や経理と言った違う職種で働いている中でも、労働環境の改善を提案したり、経営改善のために必要なことを身に付けたりして、労務に適した人物だと見せることが必要です。

労務として新卒で就職する

新卒で採用を目指す場合ですが、労務はどちらかというと事務系の仕事で少数精鋭で動いている場合が多いので、いきなり労務として採用されるのは狭き門です。
労務だけにこだわらずに、人事や総務といった関連する職種で採用活動を行っている会社を見つけましょう。

また社会保険労務士や産業カウンセラーといった、労務の業務に役立つ資格を持っているとより採用の確率を上げることができるはずです。

労務として転職する

転職の場合も新卒と同じで、労務としての人材を求めている会社は多くありません。
やはり営業や技術が多いのが現状です。
少ないチャンスを確実にものにするためには、2つの道があります。

1つは、「社会保険労務士事務所などで実務経験を積むこと」です。
資格を持っているだけでなく、実務経験を積んでいれば社会保険の知識とスキルを体系的に身に付けている即戦力になれることを証明できます。

そしてもう1つは「同じような業務を手がける部署に入る」です。
人事データの管理や給与計算といった業務も手掛ける労務は、人事や総務といった部署の業務と類似する点もたくさんあります。

たとえば、会社によっては名前が人事でも業務内容には労務の仕事が含まれていることも往々にしてあります。
労務という部署の名前だけにとらわれず、自分がしたい労務の業務ができる部署を見つけることを優先しましょう。

労務になって活躍するためのポイント2つ

1.知識を増やし磨く

法律や社会が会社に求める要求は近年急速に変わりつつあります。
労務はそうした変化を正確にとらえて、会社と従業員に不利益が出ないように業務の中で管理をしていかなければなりません。

そのためには労務になった後が肝心で、資格取得や勉強会に参加するなど積極的に知識を増やし磨いていくことが大切です。

2.現場のことを知る

どれだけ社会保険や労働法についての専門的な知識を持っていても、それを実際に自分が働く会社に応用することができなければ、ないものと同じです。
専門的な知識を磨き続けることともに、現場の声に積極的に耳を傾けたり経営の状況などを数字で把握したりしながらロジックで考える姿勢が大切です。

本物の労務になるために

労務や人事といった管理者のエキスパートのような業務にあこがれを持っている人は多いようですが、「いざなってみると理想と現実がまったく違った」と感じる人も少なくありません。

たとえば、従業員の残業時間を減らすために自分が何か月も練り上げた改善案が社内では即却下された、ということもあるでしょう。
そこでふて腐れてすぐに諦めたり、無理に押し通そうとすると、従業員との関係を悪くしてしまいます。
これは労働環境改善を掲げる労務としてはもっともやってはいけないことです。

自分のやりたいことを明確にしつつ、現場を理解しながら、また試行錯誤をしながらコツコツと取り組んでいくことが本物の労務になるために必要な意識です。

 

 

労務の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様