タグ一覧

バイヤーに有利な資格

百貨店や量販店などで商品の買い付けを行うバイヤーという仕事。将来的にバイヤーとして働きたいという人や現在働いている人で、スキルアップのために関連する資格を取得したいと考えている人は少なくないと思います。ここではそんな人のために、バイヤーとして持っておくと役立つ資格を紹介します。

 

バイヤーの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

バイヤーに有利な資格はあるのか

結論から言うと、バイヤーなるうえで必須となる専門的な資格はありません。
たとえば経理であれば簿記、人事や労務は社会保険労務士、マーケティングはマーケティング・ビジネス実務検定、といったように業務に直結する資格が存在し、それらを持っていれば異動や転職の際に有利となり得ます。

バイヤーにはそういった資格がないためどうやって実力をつけたらいいのかと迷う人もいるかもしれませんが、あくまで直結する資格がないだけであって、バイヤーとして働く上で役立つ(関連する)資格は少なからずあります。

ただ、先ほども言ったように、取得するだけでバイヤーとして働ける可能性が高くなったり、一気に活躍の道が開けたりできるわけではないことはイメージできると思います。
資格で得た知識を自分の実際の業務と関連付けながら発揮することで、初めて取得の意義が生まれることになります。

ではその関連する資格とは何でしょうか。

バイヤー役立つ資格

1.販売士

販売や商品開発についての知識を持っていることを証明することができる資格です。
バイヤーに限らず、販売員や営業職に従事する人にも、顧客目線で商品の販売戦力を捉えるために必要な資格と言われます。

特に販売士1級の資格は、販売や商品に関する基礎的な知識を実際の現場でどう生かすかという実践的な知識を身に付けられるものです。
たとえば、マーケティング戦略の立案や市場の分析方法などが身に付きます。

2.Web解析士

今や市場の調査や分析を行うマーケティング業務は、ほぼWebから情報を読み取ることで成り立っています。
データ化されたトレンドや嗜好から生まれる消費者の行動を読み解き、解析する力がバイヤーにも問われることになります。

そのためのスキルを会得できるのがWeb解析士です。
たとえば、消費者のアクセスやクリック数などのデータを読み解ける力をつけることは、利益につなげるための戦略を練る土台を固めることにつながります。

店舗だけでなくWebでの商品販売を行っている会社である場合は、特に生かせる資格と言えるかもしれません。
より専門的に学びたい場合は、上級Web解析士に挑戦してみるといいでしょう。

解析だけでなく、そのデータを戦略として生かすスキルも体系的に学ぶことができます。
売れる商品を選定できる精度(目)を高めるための資格とも言えるかもしれません。

3.TOEIC・TOEFL

バイヤーの仕事は業界問わず、海外と関わることが多いです。
英語を駆使して外国人と買い付けや価格の交渉ができる人材は非常に重宝されるでしょう。
日本にはない海外独特の商品がたくさん入ってきている現状があるなど、あらゆる分野でグローバル化が進む現代ではこれからますます求められてくる力と言えます。

バイヤーが活躍する業界では、ファッション、雑貨、飲食といった業界が特にその傾向が強いようです。
留学や習い事などで英会話のスキルを持っていれば無理に資格を取得する必要性はありませんが、転職や就職の際にわかりやすくPRできる材料として取得するという考え方もあります。

まとめ

以上、バイヤーとして取得したい資格についてお伝えしました。
繰り返しになりますが、資格を取得した後はそれを実際に現場で生かすことを忘れないようにしましょうバイヤーの業務は多岐に渡りますが、1つ1つが密接に関連しています。
1つの資格でそれを有効に生かすことができれば、他の業務の質も高まるはずです。

 

バイヤーの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様