タグ一覧

パタンナーに有利な資格

「パタンナーになりたい」という明確な目標を持っている人は、すでにファッションや服飾に関する基本的な知識やスキルを持っている人だと思います。中には、その知識を目に見える形で他人にアピールしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そのためにおすすめするのが、資格の取得です。パタンナーになりたい人、もしくは現在パタンナーとして働いている人が持っておくと有利となる資格を紹介します。

そもそもパタンナー専門の資格はあるの?

結論から言うと、パタンナーになるうえで絶対に持っていなければならない資格はありません。
また、パタンナーの仕事内容に特化した専門的な資格もありません。

これはつまり、専門学校や通信講座などで知識や技術を身に付ければ、誰でもパタンナーへの道は開けるということです。

パタンナーに有利な資格

ただ、パタンナーの仕事はファッション業界に就職・転職しようとする学生や社会人にはとても人気の高い仕事です。
そのため、関連する資格を持っていれば、他の希望者よりも採用活動を有利に進めることができるのは確かです。

パターンメイキング技術検定試験

レベルは1級~3級までありますが、初めて受ける人やパタンナーとしての経験が浅い人には3級、2級からの受験が勧められます。
3級では、デザイナーが考案した画を製品化するために製図するパターンの知識や、ファッション・アパレル業界の専門用語などを学ぶことができます。
2級では、作成したパターンから大小いくつかの種類を作るグレーディングという技術や、それを作るCADの知識とスキルなど幅広く学びます。

製図の実技試験もあるため、パタンナーになるうえで役立つ、より実践的な内容を含んだ資格と言えます。

CAD利用技術者検定

CADはパターンを作成するためには必須のツールです。
製図のための技術をメインに学ぶことができるため、パタンナー未経験者にとってはぜひ取得しておきたい資格と言えます。

また求人には、「CADの経験者歓迎」といった条件が含まれていることも多いため、転職者にも取得が勧められます。

「CADなんて十分に使いこなせるよ!」という人にとっても、その技術があることを他人に明確に証明でするために活用できます。

ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネスに関する幅広い知識とスキルを網羅的に学ぶことができる資格です。
主には、基本的なビジネスマナー、流通マーケティング、ファッションの商品知識、デザインの文化・戦略、造形知識などです。
網羅的に学ぶため、試験内容は細かく分ければまだまだありますが、難易度は決して高くありません。
1級~3級までのレベルがあり、合格率は2級で約50%前後、3級で70%前後です。

パタンナーを目指す人だけでなく、アパレル・ファッション業界で働きたいと考えている人も持っておくとアピールできる資格です。

洋裁技術検定

レベルは初級、中級、上級の3つがあり、それぞれ洋裁に関する知識と技術を学びます。
初級では、洋裁の用語・道具・素材・製図の基本などを学び、中級ではトレンド・服装の文化や社会・服装と色彩の関係性などを学びます。

上級では、初級と中級の発展的な内容や服の歴史といったコアな範囲が出題されます。
初級~上級いずれの試験でも、服の製作やデザイン画・スタイル画の作成といった実技試験があるため、知識だけでなく、仕事で活用できるスキルも習得することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これら4つの資格すべてを取ろうと無理をする必要はありません。
自分に足りない知識や技術を補うことができるものや、自分が就職したい会社が求める資格やスキルに沿ったものを選ぶようにするといいでしょう。

 

パタンナーの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様