タグ一覧

正社員の採用のコストはいくらかかるのか

企業の採用担当に従事している人の中で、企業が正社員を採用する上でかかるコストを把握している人はどれほどいるでしょうか。「コストを計算するのは自分たちの仕事じゃないし…」と無関心な人は少なくありません。コストを把握した上で最適な採用手段を検討することで、幅広い選択肢から、採用活動をより合理的に進められるメリットにつながります。ここでは、企業の経営者・採用担当者に向けて、正社員の採用コストの相場について詳しく見ていきます。

そもそも「採用コスト」とは?

採用コストとは、どこからどこにかかる費用のことを言うのでしょうか。
一般的に、次の項目が正社員を採用するためにかかる採用コストです。

この他にも、採用業務のためにかかる社員の人件費、通信費、採用活動の準備にかかる諸々の費用もあります。
これらの項目の内、選考や研修などにかかる時間や労力を含めた費用を内部コスト、広告費や紹介費など外部の要件にかかるものを外部コストと呼びます。

実際にかかる採用コスト

正社員の採用にも「新卒採用」と「中途採用」の2つがあります。
それぞれ見ていきます。

新卒採用

年間の採用費用の総額は、500~700万円の間で推移している企業が多いようです。
あくまでも平均的な金額ですので300万円台という企業もあれば、1000万円以上かかる企業もあります。
一人当たりにかかる費用も、採用する人数によっても異なりますが、50~60万円が平均的と言われています。
費用の内訳は以下のような具合です。

応募者の管理や説明会の受付などの採用業務の一部を外部に発注するケースもあり、その場合はプラスで数百万円の費用がかかることになります。

中途採用

転職サイトなどを利用した場合の求人広告費は、200~350万円が相場です。
スカウト機能などのオプションをつけるなどすると費用が上乗せされます。
目安は1か月当たり30万円前後です。

人材紹介の場合、紹介料は300~400万円が相場です。
成功報酬で、理論年収の30%を相場として考える試算の仕方もあります。

※数字の参考元
https://www.hiraku-navi20.jp/layer3/c01_08.html
https://bizhint.jp/keyword/25491
https://www.enjapan.com/service/cycle_career/article/article01/
http://news.mynavi.jp/series/tensyoku2014/001/

かかるコストは業種や職種によって差がある

採用コストの相場を紹介しましたが、かかるコストはその企業の業種や職種によっても大きく差が出てきます。

たとえば、比較的人気が高く人材が集まりやすい、金融系・マスコミ系・出版広告系といった業種、営業系・クリエイティブ系・事務系といった職種は、コストが低く抑えられる可能性が高いです。

反対に人が集まりにくい、IT系・建築系・機電系といった専門のスキルや資格が求められる業種は、コストが高い傾向にあります。
応募者が集まらないほど広告掲載の期間と回数が増えるためです。

また時代の潮流もコストを増減させる大きな要因となります。
たとえば現在のような「売り手市場」であれば、前年、前々年ほどコストをかけなくてもたくさんの応募者が集まる企業もあるでしょう。

採用コストを把握することの重要性

どこにどれほどのコストがかかっているのかを把握し、削減に努めることが重要です。
「コストの削減=採用活動の力を抜くこと」と判断して、会社にとってデメリットしかないと勘違いする人がいますが、むしろ逆です。

たとえば、削った部分の費用を広告費に回すことで良い人材が集まりやすくなったり、既存社員の労働条件・環境改善に還元したりするなどして効率的に運用することができます。

また、無駄を省くことで、自社にとって今よりもベターな求人広告や教育・研修の計画を見直すきっかけにもなるはずです。

 

採用ご担当者さまへ

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様