タグ一覧

仕事で「分かりません」は禁句か

仕事をする上で時には分からないことも出てくるでしょう。特に新入社員の場合や初めて受け持つ仕事に関しては自分では分からないものもあります。その場合に分かりませんという言葉は禁句なのでしょうか。

 

風通しのいい企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

分かりませんは禁句か

仕事を進めていく上で分からないことが出てきた場合や、上司などに言われた内容が理解できない、分からないということもあると思います。
その際に「分かりません」という言葉を使用するのは禁句なのでしょうか。

結論からお伝えすると、分かりませんという言葉を使用することは決して禁句ではなく、むしろ分かりませんという言葉を使い、分からないことは率先して聞くことは重要なことです。
社会人になった場合分からない状態であってもそれを聞くのは恥ずかしいとか、仕事ができないように見られるのが嫌だといった理由で分かりませんという言葉を一切使用しない人もいます。
しかしその考え方が大きな誤りで、分かりませんという言葉を使用しなければ、仕事の内容などを理解しないまま進めていくことにもなり、仕事上で必ずトラブルやミスを引き起こすことになります。

それを未然に防止するためには、分かりませんと言う言葉を使うことは決して悪いことではありません。

短期的な信頼と長期的な信頼

仕事をする上では、「分かりません=悪」という概念を持つ人も多いわけですが、本当に悪いのは分かりませんと言う言葉ではなく、分からない状態を隠して分かったフリをしている状態です。

ここで重要なのは、仕事で何か分からいことがあった場合、それをその場で聞くことと、聞かずにそのままにしておくことでは、自分の長期的な信頼が増加するのか減少するのかを考えてみることです。

その場で聞く場合、尋ねられた人はもしかしたら嫌な顔をするかもしれません。
そこで尋ねた側は少なからずテンションの下がる気持ちになるでしょう。
その場の短期的な信頼も失うかもしれません。
しかし、一度尋ねた仕事に対し、その内容をきちんと覚え、それ以降その仕事に関しては一任されるくらいできるようになれば、長期的には信頼が向上します。

つまり、短期的に信頼を失うようなことがあっても、その後小さな信頼をコツコツと積み重ねることに寄って、その失った信頼分を十二分に回復できるくらいの信頼を獲得することができるのです。

信頼を失うのは簡単ですが、信頼を築くのは容易いものではありません。
ましてや分からないことをそのままにして、「分かってると思ってた」という過去に遡って信頼を失うようなことは絶対に避けなければなりません。

同じことを何度も聞かない

短期的な信頼は、長期的な信頼を獲得し続けることに寄ってリカバーできます。
しかし、短期的な信頼も、何度も繰り返し失うようでは長期的な信頼につながりません。

仕事で分からないことを一度聞いたら必ずメモをとり、自分なりに理解するなどの努力が必要です。
もし聞いてる最中でさらに分からないところがでてきたら、臆せずさらに尋ねましょう。
また、分からないところを聞きに行く前に、自分なりに調べてみることも最低限のマナーです。

 

風通しのいい企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

採用ご担当者様